ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーフロンティアが米iolo technologiesと提携!「iolo System Mechanic」を発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パソコン(以下、PC)を日頃から使っている人の中には、使い続けているうちにPCの動作が遅くなったと感じている人も多いだろう。そうした人にうってつけのソフトが登場した。

「イーフロンティアのソフト」でお馴染みのイーフロンティアは、iolo technologies社(アイオロ テクノロジーズ)と提携し、PCを新品のように高速化する「iolo System Mechanic」を2013年3月1日より発売すると発表、標準価格は、4,800円だ。

同社は、「クリエイティブな制作業務に多く使用されるPCに、重要度が増している安定性と快適性をお届けします。」としている。

■米国で85%のシェアを誇る
本製品開発元のiolo technologies社は1998年創業、米国カリフォルニア州に本拠を置くPCチューニングソフトウェア企業だ。幅広いPCのニーズに対応した包括的チューンアップソリューション提供メーカーとして世界的に認識され、米国で実に85%のシェアを誇る。

iolo社のプログラムは、世界各国4500万を超えるユーザーにより、7500万台以上のPCの最適化に利用されている。同社の14年に及ぶ研究開発による高い技術力は大手PCメーカーへの採用や世界33ヶ国23000店舗での販売実績と、その実力は折り紙付きだ。
パソコンを新品のように高速化する「iolo System Mechanic」

■パソコンを高速化する「System Mechanic」
現在のPCは、ソフトウェアやハードウェア環境の多様化により、一つとして同じものはないぐらいになっている。そしてPCというのは購入時の状態をそのまま使用していくわけではなく、OSから普段使われているブラウザ、ソフトウェアに至るまで定期的なアップデートが行われるため、常に進化を続けている。

そのような中、度重なるアップデートと、プログラムもいくつもインストールしていくことによって、マシンのパフォーマンスは、だんだんと重くなっていくことは、皆さんも体験していると思う。

「System Mechanic」は、動作の遅いマシンのシステムの最適化から破壊されたファイルの修復まで多岐にわたるパフォーマンスの問題を見つけ出し解決し、パソコンを高速化してくれる快適化ツールだ。
パソコンを高速化する「iolo System Mechanic」

対応している機能は多く、エラー、クラッシュ、フリーズの修正、インターネットの高速化、Windows起動時間の短縮、システムの安定性の復元、ゴミおよびジャンクファイルの消去、低速化とボトルネックの回避、セキュリティホールをふさぐ機能なども備える。

詳細は、下記を参照のこと。
PCのパフォーマンスを最大化する最先端のアプローチ!「System Mechanic」が凄い

また嬉しいことに、「System Mechanic」はファミリーライセンスを採用している。これは家庭内で利用しているPCについては、(ひとつのアカウント情報で)(ひとつのパッケージで)何台のPCに導入しても可能というものだ。少し古い家庭内で使われていないPCに「System Mechanic」を導入して、メンテナンスされた状態で再び活用するのもいいだろう。

イーフロンティアはシステムメンテナンスに関して歴史と豊かな経験、大手PCメーカーで採用されているという信頼感を持つiolo technologies社の製品を日本国内に広く紹介し、クリエイターを始めPCユーザーのより快適な活動を強く応援していく構えだ。

「System Mechanic」は、遅い動作のPCを快適にする切り札として、非常に魅力ある製品といえるだろう。

「System Mechanic」製品情報
イーフロンティア

イーフロンティアの記事をもっと見る

外部サイト

低価格マウスに高級マウスパッド ZALMANからマウス3モデルと2種類のマウスパッド
スマホに夢中なアメリカンチルドレン 任天堂ゲーム機が振るわない北米市場【デジ通】
充電もデーター転送もOK! KindleFire HDでも使えるKindleFire用チャージャースタンド【イケショップのレアもの】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7372069/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP