ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショコラ味の日本酒やビールに白ワインのおつまみチョコ!?ほろ酔いバレンタインに向けての3アイテム

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アルコール入りのチョコレートといえばラム酒を使ったものがポピュラーですが、最近ではさまざまなチョコ味のお酒が登場しているほか、ワインに合うという高級ショコラも日本上陸。ちょっぴり大人で贅沢なバレンタインをほろ酔いで過ごすのも楽しそうです。

日本酒ベースのショコラリキュール

新潟佐渡で営む尾畑酒造の『真野鶴』。この看板酒にドミニカ共和国産の良質なカカオの風味をプラスしたショコラリキュール『真野鶴ココシュ』が発売されています。チョコレート好きという女性蔵元のアイディアから生まれた不思議なお酒は、世界の有名ショコラティエが集まる『2013サロン・デュ・ショコラ』にも出品。ほろ甘い『Sweet』と無糖の『Bitter』の2種類が用意されおり、ラベルもカカオをイメージしたカラーリングなのでギフトにも最適です。どちらも500mlのボトルが税込2310円、200mlが税込1260円。

http://www.obata-shuzo.com/home/item/cocoshu/index.htm

老舗メーカーが開発したチョコレート風味ビール

日本の地ビールのパイオニア的存在のサンクトガーレンからは、チョコレート風味ビールが登場して話題になっています。『インペリアルチョコレートスタウト』(税込630円)は高温焙煎したチョコレート麦芽を使用しほろ苦くビターな味わい。マーマレードの原料を使った『オレンジチョコレートスタウト』(税込525円)とバニラの香りを溶け込ませた『スイートバニラスタウト』(税込525円)の3種類がランナップ。ビール好きにとっては賞味する価値のある一品になっています。

http://www.sanktgallenbrewery.com/valentine/

白ワインに合う最高級フレンチショコラ

ワインの名産地でもあるフランスのジュラ地方アルボアに店を構えるイルサンジェー。東京・銀座にあるブティックには作りたての風味にこだわった管理のもと直送された逸品が並んでいます。
バレンタイン限定のセットとしては、白ワインとの相性が抜群なアソート『les amoureux du Jura ~ジュラへの愛~』(税込25000円・200セット限定)が登場。冬限定ショコラをはじめとした18粒と、1935年創業の筆記具ブランド『ジャン・ピエール・レピーヌ』のアーティスティックなペンがセットになっていて、大切な人への贈り物としてもぴったりのセットになっています。

http://www.hirsinger.jp/ginza_shop.html

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP