ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士通、Android 4.0タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi FAR70B」を2月15日に発売、10.1インチWUXGAディスプレイ・Tegra 3 1.7GHz・大容量10,080mAhバッテリーを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

富士通は2月1日、Androidタブレット「ARROWS Tabl Wi-Fi」の新モデル(型番:FAR70B)を発表しました。新型は、家電量販店や同社のショッピングサイト「Web Mart」を通じて2月15日に発売されます。価格はオープンですが、Web Martでは、74,800円で予約受付が行われています。ARROWS Tab Wi-Fiは、10.1インチ1,920×1,200(WUXGA)の高精細液晶と1.7GHz駆動のNIVIDA Tegra 3クアッドコアプロセッサを搭載したハイスペックタブレット。防水・防塵(IPX5/X8・IP5X)に対応し、10,080mAhの大容量バッテリーを備えながらも、厚さ9.9mm、質量589gと本体は比較的軽量でスリム。製品自体はNTTドコモより発売された「F-05E」をベースとしており、メーカーモデルでは、3G/LTE通信機能が省かれています(SIMカード利用不可)。バッテリー容量が10,080mAhと10.1インチタブレットの中ではクラス最大容量を誇ります。スタンバイ時間は2500時間で、動画再生時間は14時間にもなるそうです。大容量ですが、4Aの急速充電に対応しており、高速に充電することも可能となっています。本体前面にはステレオスピーカーやスイッチ付きの指紋センサーが搭載されています。OSはAndroid 4.0(ICS)です。かんたんHOME画面やかんたんブラウザなどシニアの方に利用しやすい「シニアスタイル」、アプリの利用設定や50音表示で文字入力ができる子供向け「キッズスタイル」からUIを選ぶことができます。また、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」として、年齢に合わせて色補正して画面を見やすくする「あわせるビュー」、タッチ操作で本体が振動する「はっきりタッチ」などが搭載されています。 OS:Android 4.0(ICS)、Google Play対応 サイズ:259 mm×169 mm×9.9 mm、重さ589g ディスプレイ:10.1インチ、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)、TFT液晶、1,677万色 プロセッサ:NVIDIA Tegra 3 1.7GHz(クアッドコア) GPU:ULO GeForce 12コア メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB) リアカメラ:810万画素裏CMOS、AF対応、LEDフラッシュ、1080p Full HD動画撮影対応 フロントカメラ:130万画素CMOS 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯対応)、Wi-Fi Direct、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、NFC(Type-A/B)、MHL 外部端子類:Mcro USB(MHL対応)、3.5mmオーディオジャック、マイク、ステレオスピーカー センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、GPS バッテリー:10,080mAh、4Aの急速充電対応、スタンバイ2100時間、動画再生連続14時間、音楽再生連続75時間 その他:防水・防塵(IPX5/X8・IP5X)、スマート指紋センサー(ON/OFF対応)、Dolby Mobile Plus対応Source : 富士通



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC M7が3月8日に発売されるという噂、カラバリは2色らしい
Xperia TとXperia TXのPTCRB認証にJelly Beanベースのソフトウェア「9.1.A.0.489」が追加
Acer、Intel Atom Z2420を搭載したAndroidスマートフォン「Liquid C1」をタイで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP