ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Excelで2つのセルの内容を合体させる【知っ得!虎の巻】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

住所録のデータとかで、都道府県と以降の住所、姓と名など、別々のセルに入力されているデータを1つのセルにまとめたい場合があるとしよう。いちいち入力し直していたら、大変だ。こんな時、計算式を使って簡単に2つのセルの内容を合体させることができる。

■知っ得405 つのセルの内容を合体させる
C列に都道府県、D列にそれ以降の住所が入っているデータがあるとする。この2つのセルを合体させたい場合は、合体したデータを入力したいセル(ここではE列)に「=C1&D1」というように入力する(画面1)。すると、C列とD列の内容を合わせたものが、E列に入力される(画面2)。
画面1 合体したデータを入力したいセルに、「=C1&D1」というように入力する。
>画面2 C列とD列の内容を合わせたものがE列に入力される。
あとはこれをオートフィルを使ってコピーすれば、あっという間にすべてのデータを合体させることができるというわけだ(画面3)。
画面3 オートフィルで数式をコピーすれば、すべてのデータを合体できる。
不要になったセルは、列を指定して削除を実行すれば(画面4)、新しい形式での住所録の完成だ。
画面4 不要になったセルは削除してしまおう。
この方法を使えば、入力し直す手間がかからずスピーディな上、間違える心配もない。とても便利な方法なので、ぜひ活用して欲しい。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる

外部サイト

スマホに夢中なアメリカンチルドレン 任天堂ゲーム機が振るわない北米市場【デジ通】
充電もデーター転送もOK! KindleFire HDでも使えるKindleFire用チャージャースタンド【イケショップのレアもの】
WordPressが数ステップで導入できるデータホテルの「エクスクラウド」

(http://news.livedoor.com/article/detail/7369999/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP