ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、auケータイのデータ通信速度制御を緩和!速度制限の条件を4月1日から変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫


制御条件はどう変わる?
KDDIおよび沖縄セルラーは、auケータイの通信速度制御の実施条件を4月1日より変更すると発表しました。

KDDIでは、2008年10月からCDMAネットワークをより多くのユーザーに快適な環境で利用できるためという理由で、auケータイからCDMAネットワークを介して連続的かつ大量のインターネット通信を利用した一部のユーザーを対象にネットワーク資源の公平性確保の観点から通信速度の制御、いわゆる「速度制限」を実施していた。

この通信速度の制御について、2013年4月1日から従来の実施条件を一部変更するという内容になっています。

今回発表された、通信速度の制御の変更内容は以下の通り。

【変更前】
・前々月に300万パケット(約366MB)以上使用したユーザーを対象に、当月中の21時~25時の時間帯の通信速度を制限。

【変更後】
・当日を含まない直近3日間に300万パケット(約366MB)以上利用したユーザーに対して、当日13時~翌13時までの24時間通信速度を制限。対象となるのはPCサイトビューアー、EZwebメールを含むすべての通信。

データ通信量においては、300万パケットと変わりないものの、前々月の利用分により、当月の1ヶ月間が通信速度制限の対象になっていたのに対し、直近3日間の利用分により、超過した際は当日の24時間が速度制限の対象に変更されており、緩和されたことになります。

今回の制限緩和はフィーチャーフォンが対象となり、スマートフォンの制限に関しては従来のままで、これまでの「IS NET」コースにおける通信速度制御と同一の条件となっています。

記事執筆:にゃんこ

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
auケータイにおけるデータ通信速度制御の条件変更について|プレスリリース|KDDI

外部サイト

ソフトバンクモバイル、各種キャンペーン申込期間を延長!一部キャンペーンは内容拡充
KDDI、auケータイのデータ通信速度制御を緩和!速度制限の条件を4月1日から変更
テレコムスクエア、米国・欧州・豪州向けのレンタルモバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!」の利用料金をシンプルに改定!1日単位の料金メニュー「デイリープラン」を値下げ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7368343/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。