体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

今春イチオシのスマートフォンかも!
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を搭載するスマートフォン「MEDIAS X N-04E」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

冬モデルのwithシリーズ端末「Disney Mobile on docomo N-03E」(以下、N-03E)をベースに、OSをAndroid 4.1に変更し、Qi規格に準拠した「おくだけ充電」に対応した機種となります。輝度の強い青色光をカットする「ブルーライトカットモード」を始めとして、人にとって使いやすい機種を目指して開発されました。発売は2月下旬を予定しています。

22日の発表会では、開発中の実機が展示されていたので、写真を交えて紹介していきます。

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

本体正面

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

本体背面。カラーはBlueとWhiteの2色
筐体カラーはBlueとWhiteの2色。withシリーズの端末は、3色以上のバリエーションを持っていることが多いことを考えるとちょっと少なめに感じられます。いずれも光沢つきの加工になっています。

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

正面のボタンはホーム……ではなくウェイクアップ/スリープボタン
本体の正面、MEDIASロゴの上に細長いボタンが用意されています。一見、これはホームボタンなのだろうか、と思うところなのですが、これは「ウェイクアップ/スリープボタン」。その名の通り、スリープとウェイクだけに機能を絞ったボタンです。ベース機となったN-03Eから付いているもので、システムキーを画面上に表示することによる不便さ解消の一環です。

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

本体上面
従来の電源ボタンも本体の上面についていて、こちらでもスリープ・ウェイクさせることができます。マイクロUSB端子とイヤホンマイク端子も本体上面にあります。

パッキンで保護されたマイクロUSB端子はMHL出力も兼ねており、MHL対応デバイスに直接映像を出力できるほか、アダプターを介してHDMI対応デバイスにも映像を出力できます。なお、ベース機で対応していたワイヤレス映像伝送には非対応になっています。

イヤホンマイク端子はキャップレス防水で、スマホピアスを使いたい、という方にはとても良い感じになっています。

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

ボリュームボタンは右側面に

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

左側面はスッキリ

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy