ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今春イチオシのスマートフォンかも!
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を搭載するスマートフォン「MEDIAS X N-04E」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

冬モデルのwithシリーズ端末「Disney Mobile on docomo N-03E」(以下、N-03E)をベースに、OSをAndroid 4.1に変更し、Qi規格に準拠した「おくだけ充電」に対応した機種となります。輝度の強い青色光をカットする「ブルーライトカットモード」を始めとして、人にとって使いやすい機種を目指して開発されました。発売は2月下旬を予定しています。

22日の発表会では、開発中の実機が展示されていたので、写真を交えて紹介していきます。


本体正面


本体背面。カラーはBlueとWhiteの2色
筐体カラーはBlueとWhiteの2色。withシリーズの端末は、3色以上のバリエーションを持っていることが多いことを考えるとちょっと少なめに感じられます。いずれも光沢つきの加工になっています。


正面のボタンはホーム……ではなくウェイクアップ/スリープボタン
本体の正面、MEDIASロゴの上に細長いボタンが用意されています。一見、これはホームボタンなのだろうか、と思うところなのですが、これは「ウェイクアップ/スリープボタン」。その名の通り、スリープとウェイクだけに機能を絞ったボタンです。ベース機となったN-03Eから付いているもので、システムキーを画面上に表示することによる不便さ解消の一環です。


本体上面
従来の電源ボタンも本体の上面についていて、こちらでもスリープ・ウェイクさせることができます。マイクロUSB端子とイヤホンマイク端子も本体上面にあります。

パッキンで保護されたマイクロUSB端子はMHL出力も兼ねており、MHL対応デバイスに直接映像を出力できるほか、アダプターを介してHDMI対応デバイスにも映像を出力できます。なお、ベース機で対応していたワイヤレス映像伝送には非対応になっています。

イヤホンマイク端子はキャップレス防水で、スマホピアスを使いたい、という方にはとても良い感じになっています。


ボリュームボタンは右側面に


左側面はスッキリ


ワンセグ・モバキャスアンテナ
ボリュームボタンは右側面にあります。上部にある電源ボタンとボリュームボタンを押すとスクリーンキャプチャーがとれるのは、Android 4.1の標準機能です。左側面の上側にはワンセグ・モバキャス(NOTTV)用のアンテナが付いています。


本体下部にはマイク
本体下部には通話用マイクと、裏ぶたを外すための溝があります。


おくだけ充電はバッテリー側で対応
電池パックは1980mAh。2000mAh台のスマートフォンが多くなってきた中では、ちょっと少なめに感じるかもしれないです。NECカシオのドコモ向け機種としては、「MEDIAS PP N-01D」以来となるQi(チー)規格準拠の「おくだけ充電」に対応しましたが、N-01Dとは異なり電池パック側にQi充電用のコイルを実装するかたちになっています。そのため、電池パック単体でQi対応充電パッドに置いて充電できるようになっています。


添付の充電パッドはQi規格に準拠しきれていないので、Qiロゴがない


専用スタンドと組み合わせれば横置きもOK
付属する充電パッドは、MEDIAS X N-04Eに電池パックを装着した状態で使うことを前提にした設計になっています。本来のQi規格の充電パッドで必要とされる可動型コイルを搭載していないため、Qiロゴが付いていません。この充電パッドには専用スタンドも添付していて、このスタンドに充電パッドをさし込めば、本体を横置きした状態で充電できます。


OSはAndroid 4.1.2


通知画面はAndroid 4.1仕様に。上のトグルスイッチはカスタマイズも可能
冒頭にも書いた通り、OSはベース機からバージョンが上がってAndroid 4.1.2(Jelly Bean)になりました。Google Nowが使えるようになったほか、通知画面のリニューアルが図られています。メーカーオリジナル要素として、通知画面上部にトグルスイッチが並んでいます。並ぶ項目はカスタマイズ可能で、自分がよく使うトグルスイッチだけ並べることも可能です。


ホームアプリはPalette UIとオリジナルのものを搭載
ホームアプリは、ドコモオリジナルの「docomo Palette UI」と、Android 4.1標準のものをベースにアレンジしたオリジナルのものを搭載しています。

■主な仕様
寸法
(高さ×幅×厚さ:mm)約136×68×10,4
質量(g)約155g3G連続待受時間(静止時[自動])(時間)約430LTE連続待受時間(静止時[自動])(時間)約350GSM連続待受時間(静止時[自動])(時間)約330連続通話時間(3G/GSM)(分)約550/約660連続テレビ電話時間(分)ーモバキャス連続視聴時間(分)ーメインディスプレイ
(サイズ、ドット数[横×縦 通称]、種類、発色数)約4.7インチ
720×1280 HD 有機EL 1677万色サブディスプレイ
(サイズ、ドット数[横×縦]、種類、発色数)なしバッテリー容量1980mAh内蔵ストレージ(ROM)/システムメモリー(RAM)32GB/2GB
外部メモリー
(最大対応容量)非対応
外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数)裏面照射型CMOS 約1310万画素
/約1300万画素内側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数)CMOS 約130万画素/約130万画素 CPU
(チップ名/クロック)Qualcomm APQ8064/1.5GHz
クアッドコア
OSAndroid 4.1「Xi」(クロッシィ)(LTE)100Mbps /37.5MbpsFOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7MbpsWi-Fi(無線LAN)
(Wi-Fiテザリング同時接続台数)○
(10台)防水/防塵○/○
(IPX5、7/IP5X)色Blue
White
※仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。

記事執筆:せう(Sho INOUE)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
NTTドコモ、クアッドコアCPU搭載の薄型Xiスマホ「MEDIAS X N-04E」を発表!全部入りのフルスペックモデル – S-MAX – ライブドアブログ
NTTドコモ、5インチフルHDやクアッドコアCPUなどが標準的になった「2013年春モデル」を発表!Android搭載スマホ&タブレット11機種含む12機種を一気に投入 – S-MAX – ライブドアブログ
2013春モデルの12機種を開発・発売(NTTドコモ)
NTTドコモ

外部サイト

テレコムスクエア、米国・欧州・豪州向けのレンタルモバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!」の利用料金をシンプルに改定!1日単位の料金メニュー「デイリープラン」を値下げ
美しさと使いやすさを両立したプレミアムスマートフォン!「MEDIAS X N-04E」を写真でチェック【レポート】
ポイントを貯めて豪華賞品を当てよう!イー・アクセスが「イー・モバイル つながるMAP」を公開

(http://news.livedoor.com/article/detail/7366639/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP