ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadでネイティブ講師と英会話練習! Rosetta Stone ReFLEXにiPadアプリが登場【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、毎日ネイティブ講師とオンラインで英会話を学習できる「Rosetta Stone ReFLEX」を紹介した

これは、毎日ネイティブ講師と会話するという英語学習環境を提供してくれるもので、本当に使える英語力を身に付けるのにおススメのサービスの1つだ。ただ、英語をネイティブで話す人と、英語を学ぶために毎日オンラインで会話することを実際にやろうと思っても、社会人にとってはなかなか難しい。

しかもこのサービス、パソコンのWebブラウザ上で動くので、利用するためにはパソコン本体が必須であった。仕事が終わったら、すぐに自宅に戻って準備するなどしないと利用できなかったのである。

今回、このサービス利用者向けのiPad用のアプリが登場した。これによりパソコンを使うことなく利用できるようになり、おかげでより気軽に英会話を学習できるようになった。

Rosetta Stone ReFLEXでは、発音の練習やネイティブ講師との会話でヘッドフォンかスピーカー、そしてマイクを使用する。できればWebカメラまで併用した方がいい(なくても使うことはできる)。

すべての機能を使うためにパソコンが必須で、学習の際はパソコンの前で緊張しつつ身構えて学習するというような感じだった。このため、出張など旅先で使いたい場合でも、パソコンを持ち運ばなければいけないなど、毎日のように学習するにはハードルの高い部分があった。

今回、iPad用のアプリ「ReFLEX」が追加されたことで、パソコンがなくても気軽にオンラインで学習できるようになった。

ただし、iPad用のアプリはまだ最初のバージョンといった感じである。たとえばパソコン版の場合、発音練習の「Skills」には3種類ゲームが用意されているのだが、iPad版は「Bubble Mania」というゲームのみとなる。
そして同じRosetta Stoneユーザーとオンラインでコミュニケーションできる「Rosetta World」にもアクセスできない。

それでも主要な学習環境にはアクセスできるので、たまには気分を変えて学習するような場合には便利に使えるだろう。このアプリはユーザーに無料で提供される。残業後に誰も使う予定のない会議室で、ワンレッスンしてから帰宅するなんてことができるわけだ。

今回のアプリとは別に「ReFLEX Companion」というiPhoneやiPadにも対応するアプリも用意されており、これを使えば今回iPad用に提供された「ReFLEX」をカバーするサービスが利用できるようになっているので、こちらも併用するのがおすすめだ。

最近はAndroidのユーザーも増えているが、ロゼッタストーンによればAndroid向けのアプリも現在検討中と言うことだ。7インチサイズ以上でWebカムやマイク・スピーカーを内蔵しているAndroidタブレットなが多く登場してきているので、Android版が登場すれば、さらに気軽に語学学習ができる環境が、より充実することになるだろう。

Rosetta Stone ReFLEX

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

外部サイト

2013年は何かが変わる? インターネットリサーチですばやく市場調査
タブレット&ノートPC利用ながら高速Core i5搭載が魅力な富士通「STYLISTIC QH77」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】
USB 3.0対応で薄さわずか9mm!高速ポータブルSSDを無料でゲットしよう

(http://news.livedoor.com/article/detail/7366157/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP