ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セガ社員がファミ通大批判!「面白さわからない4人がレビューしてる!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ゲーム雑誌編集者やライターがゲームをプレイし、10点満点を最高点数としてゲーム評価をするコーナー。それが、『週刊ファミ通』が連載しているクロスレビューのコーナーだ。レビューとして点数のほかに数百文字のコメントが掲載され、同じゲームを4人がプレイして評価する。すでに説明したが最高得点が10点となっており、4人合計で40点満点となる。

そんなクロスレビューに対し、セガの社員がついにホンネを漏らした。いや、ホンネを叫んだ! なんと「弊社から来週発売する『ザハウス オブ ザ デッド オーバーキル』がファミ通のクロスレビューでALL6点なんですけど、これ信じないで下さい」とコメントしたのである。

さらに、「あのクロスレビューを書いた奴らはわかってない! 面白さが全然わかってない4人がレビューしているんです!」と、かなり過激な発言までしているから驚きだ!

その人物は、第三CS研究開発部ローカライズセクション・セクションマネージャーの長谷川亮一氏で、『ザ ハウス オブ ザ デッド オーバーキル』をイチオシでアピールしている最中なのだとか。今回の発言は、ゲーム情報ブログ『オレ的ゲーム速報@刃』の取材でホンネをブチまけ、コメントしたものである。

自分が愛するゲームを低く評価されたら、そりゃ頭にくるだろう。しかし、いくら低い点数をつけられても、誌面やインターネット上でクロスレビュー批判をした人は限りなく少ない。会社組織に所属している以上は、強く言えないのである。

しかし、長谷川亮一氏は違った。『週刊ファミ通』クロスレビューの編集者やライターを “奴ら” 呼ばわりし、さらに「面白さが全然わかってない4人」とまで発言している。正直、『週刊ファミ通』には大変申し訳ないが、この長谷川亮一氏の発言でスカッとしたゲーム業界人は、少なからずいると思われる。

ゲームのクロスレビュー結果はゲームソフトの売り上げに少なからず影響するものと思われる。それゆえ、ちゃんと平等に、そして的確にゲームの楽しいポイントを把握し、そして読者に伝えなくてはならない。『週刊ファミ通』のなかでもクロスレビューをまかされる編集者やライターは、少なくともそれらのスキルがないと務まらない。それゆえ、「面白さが全然わかってない4人」がクロスレビューをしていたら大問題であり、読者としても不安がつのる(実際に6点の評価が妥当なゲームかもしれないので何ともいえないが)。

『ザ ハウス オブ ザ デッド オーバーキル』のクロスレビューの点数は、4人全員が6点だったという。1~2点は最悪、3~4点はけっこう厳しいデキ、5~6点は不満は残るものの普通、7~8点は良いデキ、9点はとても良いデキ、10点はエクセレントなデキという評価と考えていい。そう考えると、確かに6点は微妙な点数だ。

長谷川亮一氏は「このゲーム、英語で喋るんですけどとにかく言葉が凄い、F〇〇kって言う回数が物凄く多くてギネスにも載ったぐらいです。あと人肉ミキサーの下でゾンビが何か食べてたりするんです。でもCERO D(17歳以上対象)なんです」と、ゲームのアピールをしていたようだが、まったくアピールになっていないと思ったのは私だけだろうか。

「面白さが全然わかってない4人」が誰なのかわからないが、「面白さが全然わかってない4人」がどんなコメントを書いて評価しているのか『週刊ファミ通』を購入したくなったので、もしかすると長谷川亮一氏は『週刊ファミ通』の売り上げに貢献したことになるのかもしれない。ちなみに、ガジェット通信には「面白さをかなりわかってる4人」がいるのでいつでもご連絡くださいね、長谷川亮一さん。

■最近の注目記事
セガ社員がファミ通大批判!「面白さわからない4人がレビューしてる!」
『FF13』プレミアパーティで発売日を発表するも会場は静寂のまま
信用なき点数! 『ファミ通』クロスレビューを改善する方法はコレだ!
『FF13』プレミアムパーティーで配られたモノって何?
発売日決定の『FF13』! 各マスコミの報道情報をまとめてみた

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP