体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

即行レビュー!本日発表されたUQ WiMAXのモバイルWi-Fiルーター「AtermWM3800R」を写真でチェック!スマ−トフォンへの充電も試してみた【レビュー】


スマホも充電できる超小型WiMAXルータ「WM3800R」は買いだ!
既報の通り、UQコミュニケーションズは30日、WiMAXに対応したNECアクセステクニカ製のモバイルWi-Fiルータ「AtermWM3800R」(以下、WM3800R)を発表した。

発売開始は2月7日(木)からで、同社の公式オンラインショップでは、1年契約の定額制「UQ Flat 年間パスポート」による契約で本体が4,800円、本体とクレードルのセットが6,800円で販売される予定だ。

従来のNECアクセステクニカの製品をさらに小型化し、有機ELディスプレイの搭載やスマートフォンなどを充電できる付加機能が追加され、より便利に使いやすくなった一方で、これまで通り、専用のクレードルが用意されるなど基本部分は継承されている。

そんなWM3800Rの貸出機を使ったレビューを早速お届けする。サイズ感はもちろんディスプレイの表示や、スマートフォンへの充電方法などを写真を中心に紹介していく。

■本体外観と基本性能
WM3800Rは、本体サイズが約89.6(W)×52(D)×12.8(H)mm、質量が約80gとコンパクトなサイズ。バッテリー交換ができない内蔵タイプのバッテリーは、2,000mAhの容量で、連続通信時間が最大約8時間、休止状態での待機時間が最大約250時間、連続待受時間が最大約20時間の利用が可能。カラーバリエーションは「ピンク」「ホワイト」「ブラック」の3色展開でメインカラーはピンク。

130130_wm3800_02_960

NECアクセステクニカ製のWiMAX対応モバイルWi-Fiルータは、前モデルの「AtermWM3600R」(以下、WM3600R)がロングセラーとなっており、昨年UQ WiMAXのCMキャラクターでもある「ブルーガチャムク」が本体にデザインされた限定モデルを2種類発売している。モデルチェンジしての新機種は約1年ぶりとなる。

130130_wm3800_nec_wimax_02_960

本体正面

130130_wm3800_nec_wimax_03_960

本体背面
本体正面には「電源ボタン」と「SETボタン」、有機ELディスプレイを搭載。背面にはSSIDや暗号化キー、製品型番「PA-WM3800R(AT)」などが記載されている。

130130_wm3800_nec_wimax_04_960

本体正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

130130_wm3800_nec_wimax_05_960

本体正面向かって上部側面(画像上)と下部側面(画像下)
左側面にはmicroUSB端子と、専用クレードルに設置する際の接点となる端子を搭載、右側面にはストラップホールが用意されている。

1 2 3 4 5次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。