ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kyocera、米Sprint向けに防水・防塵・耐衝撃性能を有する4G LTE対応Androidスマホ「Torque(トルク)」を発表!北米市場で今春に発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


京セラの海外モデルはなかなか尖ってますね!
Kyocera Communications(以下、KCI)と米Sprint Nextelは28日、米国国防省軍事規格となるMIL規格(Military Standard 810G)に準じた防水・防塵・耐衝撃性能に対応した4G LTE対応のAndroidスマートフォン「Torque(トルク)」(型番:E6710)を今春に発売開始すると発表しています。

KCIは、京セラ(Kyocera Wireless)や、京セラが買収した三洋電機の携帯電話事業の製品を海外で展開していますが、KDIが米携帯電話事業者のSprint Nextelを通じて、北米市場にて発売を予定しています。

Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用しており、発売日や価格などは後日明らかにされるとのことです。

Torqueは、MIL規格に対応した防水(IPX7準拠)や
防塵(IP6X準拠)、耐衝撃性能のあるスマートフォンで、Sprint初の耐衝撃性能を有するモデルとのことです。

その他のスペックとしては、4インチWVGA(480×800ドット)IPS液晶や500万画素アウトカメラ、130万画素インカメラ、最大1.2GHz駆動のデュアルコアCPUを内蔵したQualcomm製チップセット「MSM8960」、1GB内蔵メモリー(RAM)、4GB内蔵ストレージ(ROM)、最大32GBまで対応したmicroSD/microSDHCカード外部ストレージスロット、2500mAhの大容量バッテリー、IEEE802.11b/b/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、NFCなどに対応。また、ディスプレイを覆うガラスに強化ガラスを採用しているということです。

さらに、国内向けモデルで好評となっているディスプレイのパネルを振動させることでよりクリアに聞き取りやすく相手の声が聞こえる「スマートソニックレシーバー」も搭載するとのこと。このスマートソニックレシーバーを搭載するモデルは北米で初となるということです。

この他、バッテリー管理機能「Eco Mode(エコモード)」やバックグラウンドでデータアクセスすることをブロックして節電する「MaxiMZR」なども搭載します。

北米モデルならではというところでは、タッチした指をキーボード上をなぞることで文字入力をより高速に行える「Swype」やトランシーバーのように利用できる「プッシュ・トゥ・トーク」にも対応しています。

記事執筆:S-MAX編集部

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
Kyocera Torque E6710

外部サイト

ドコモ初のUE Category 4対応スマホ!全部入りハイスペックな「Ascend D2 HW-03E」を写真でチェック【レポート】
Kyocera、米Sprint向けに防水・防塵・耐衝撃性能を有する4G LTE対応Androidスマホ「Torque(トルク)」を発表!北米市場で今春に発売予定
UQコミュニケーションズ、WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ「AtermWM3800R」を発表!小型軽量化&スマートフォンとの連携を強化

(http://news.livedoor.com/article/detail/7363076/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP