ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungがGalaxy Premierの韓国版「Galaxy Pop」を正式発表、1.4GHzクアッドコアCPUを搭載し、LTE通信にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは現地時間1月30日、若年層を対応にしたAndroidスマートフォン「Galaxy Pop(SHV-E220S)」を韓国の通信キャリア SKテレコムを通じて発売すると発表しました。Galaxy Popは、同社が昨年12月に発表したグローバルモデル「Galaxy Premier」の韓国版で、プロセッサがExynos 4412 1.4GHzクアッドコアにアップグレードされ、LTE通信にも対応するなどスペックが強化されています。まずは、ホワイトカラーが発売され、その後、グレーやオレンジなど多彩なカラーが順次追加される予定です。スペック的にはハイエンドモデルに属しますが、割引非適用時70万ウォン台と、ミッドレンジクラスの価格帯で販売されます。OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)を搭載し、スマートステイ、ポップアップビデオ、ダイレクトコールなどのGalaxy S IIIやGalaxy Note IIの主要機能も利用できます。また、NFC対応機種なので、NFC通信を活用したデータ送受信機能「Sビーム」も利用できます。ディスプレイは4.65インチ1,280×720ピクセルのSuper AMOLED、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8/16GB、Micro SDカードも利用できます。カメラは背面に800万画素CMOSと前面に190万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v3.0、NFC、DLNA、GSM/WCDMA/LTEに対応します。バッテリー容量は2,100mAh。本体サイズは134.2 mm×68.1 mm×9.05mm、質量は134g。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「ELUGA X P-02E」と「Galaxy S III SC-06D」にソフトウェアアップデートを配信開始
NTTドコモの「ELUGA X P-02E」が本日発売
Nexus 4ホワイトカラーの写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP