ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栗山監督、ルーキー・大谷翔平について「怖くてしょうがない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

29日深夜放送、フジテレビ「すぽると!」では、昨シーズンのパ・リーグ王者=北海道日本ハムファイターズ・栗山英樹監督が生出演。チームの大黒柱であるエース・吉川光夫&4番・中田翔のことから、注目ルーキー・大谷翔平、さらには電撃トレードでオリックスに移籍した糸井嘉男のことまで語った。

昨シーズンを振り返り、「悲しみとか、苦しみとか、喜びとか、そういうことを感じるよりも、必死に一日一日やってきた。ですから、パ・リーグで勝ったんだなって思ったのは年明けくらいな感じ。それよりも、キャンプが始まるので、また怖くてしょうがない」という栗山監督。具体的な反省点としては、「野球脳というか、状況に合わせてもう少しプラスにできることがあると思う。データの活かし方。キャンプで進めていこうと思う」と明かした。

また、投打のキーマン、吉川&中田については、「二人とも、第一歩を踏み出しただけ。もっと大きくなれるはず」と前置きした上で、その接し方には「吉川には投げたら、次の日にとことん話をしていました。翔の場合っていうのは、翔らしく。男らしく堂々と。何も言わずに見続ける。人によって変えなければいけないところもある」と、栗山監督流選手育成術の一部を話した。

さらに、投手と野手の二刀流に挑む大谷に対しては、「怖くてしょうがないですね。これだけ話題にしてくれて、本当にエースになると感じる素材を持っている。ファイターズとして、彼を高みに登らせる責任があると思えば思うほど、プロ野球の世界が難しい世界でもあるってわかっているので、色んなことを考えてしまいます」と、複雑な胸中をうかがわせたが、「将来的には(投手と野手の)どちらに?」と訊かれると、「僕はないです。最後はどちらかになるはずですよね。長い間、ファンの人たちが、こんな野球選手いるんだって思えるところまでは、両方できるような選手でいてほしい」と語る。

その他にも、物議を醸した糸井のトレード劇に、栗山監督は「糸井嘉男という最高の選手ですから、それはファンの方、含めてそういう想いはあります。ただ、次の糸井を作らなければいけない。僕は今いるファイターズの選手を信じているので、必ずやってくれると思って前に進みます」と言葉を選んで話した。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7362375/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。