ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadのストレージ倍増! iPadのRetinaディスプレイシリーズの最大容量が128GBに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップルは2013年1月29日に第4世代のiPad Retinaディスプレイ搭載モデルに内蔵ストレージを128GBにした2モデルをリリースした。128GBモデルは2種類が用意され、iPad Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルとなる。

ディスプレイサイズ等に変化はなく、従来通り9.7インチRetinaディスプレイ、CPUがA6XでFaceTime HDカメラ、IEEE802.11nまでの高速無線LANに対応する。つい先日アップデートされたiOS 6.1が最初から搭載されているのも見逃せないポイントだ。また世界各国のLTEネットワークのサポートが新たに追加されている。

新しい128GBバージョンの第4世代iPadは、ブラックおよびホワイトの2色で、発売は2月5日より開始され、メーカー希望小売価格66,800円(Wi-Fiモデル)と77,800円(Wi-Fi+Cellularモデル)を予定している。128GB iPadは全バージョンが直営店のApple Store、Apple製品取扱店を通じて販売される。またiPad Retina ディスプレイ Wi-Fi モデルはApple Online Storeでも販売される。

■製品概要
・第4世代のiPad Retinaディスプレイ搭載モデル
・メーカー希望小売価格66,800円(Wi-Fiモデル)
・メーカー希望小売価格77,800円(Wi-Fi+Cellularモデル)
・発売日:2月5日(火)より

iPad Retinaディスプレイモデル
アップル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

Firefoxで外国語のページを翻訳する【知っ得!虎の巻】
見やすさもダントツトップ! ガラケーでメンズファッションを買うなら、TopIsm
CESの基調講演で感じた勢いの差 パナソニックとサムスンの方向性 を読み解く【デジ通】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7362062/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP