ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Firefoxで外国語のページを翻訳する【知っ得!虎の巻】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Firefoxで何か調べ物をしている際、英語のページしか見つからず、困ったことはないだろうか? 辞書を片手に調べるのは大変な作業だし、時間もかかる。サクッと内容を知りたいのであれば、翻訳してくれるアドオンを利用しよう。

■知っ得No.418 『Google Translator for Firefox』で日本語に翻訳する
今回紹介する『Google Translator for Firefox』は、Webページの内容を「Google 翻訳」を利用して翻訳してくれる。

インストールすると、ツールバーに[翻訳]ボタンが追加される。翻訳したいページが表示されたら、これをクリックするだけで(画面1)、新しくタブが開き、翻訳内容が表示されるというわけだ(画面2)。
画面1 翻訳したいページを表示し、ツールバーの[翻訳]ボタンをクリックする。
画面2 新しくタブが開き、翻訳内容が表示される。
また、範囲選択したテキスト部分だけを翻訳することも可能だ。ページの中で、内容を知りたい部分を範囲選択し、[翻訳]ボタンをクリックすれば、その部分が翻訳された内容に置き換わって表示される(画面3)。
画面3 テキストを範囲選択した状態で[翻訳]ボタンをクリックすると、その部分のテキストが翻訳内容に置き換わる。
[翻訳]ボタンの右側の▼をクリックしてメニューを表示し、[オプション]を選択すれば、翻訳する言語を指定することができる。[翻訳後の言語]で英語を選択しておけば(画面4)、逆に日本語を英語に翻訳することも可能だというわけだ。
画面4 オプションでは、翻訳する言語を選択することができる。
もちろん日本語と英語だけでなく、その他たくさんの言語に対応しているので、必要に応じて設定するといいだろう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる

外部サイト

iPadのストレージ倍増! iPadのRetinaディスプレイシリーズの最大容量が128GBに
見やすさもダントツトップ! ガラケーでメンズファッションを買うなら、TopIsm
CESの基調講演で感じた勢いの差 パナソニックとサムスンの方向性 を読み解く【デジ通】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7362254/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP