体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい「INFOBAR」はここが凄い!auのデザインスマホ「INFOBAR A02」を写真と動画でチェック!〜外観編〜【レポート】


ハイスペックなデザインスマホ「INFOBAR A02」は買いだ!
既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラーは24日、2013年春に発売予定の新モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を2月中旬以降に関東および沖縄から順次発売することを発表した。

同日、都内で開催された「INFOBAR発表会」で、展示機を試すことができたので2回に渡って紹介していく。まず今回は外観編としてA02の特長的な外観写真を中心に基本機能などを紹介する。

130124_a02_02_960

本体正面

130124_a02_03_960

本体背面。左から「NISHIKIGOI」「ICE GRAY」「AOAO」
本体正面ディスプレイ周囲のベゼル部分はいずれもブラックで、カラーバリエーションを見分ける部分としては、側面から背面部分となる。A02のカラーバリエーションは「NISHIKIGOI」「ICE GRAY」「AOAO」の3色展開。

INFOBARといえばNISHIKIGOIだが、次いで市松模様を採用した「ICHIMATSU」もINFOBARの中では連想しやすいカラーバリエーションと言えるだろう。今回はハードキーが少なく、前面のディスプレイ部分には全くないため、市松模様の再現が難しいためバリエーションには含まれなかったのだという。

また、2001年に発表されたコンセプトモデル「info.bar」から毎回の製品版INFOBARにおいて、ブルーは候補に上がっているというものの、今回のA02のような濃い、はっきりとしたブルー色がラインナップされたのは初めて。

本体サイズは約70(W)×138(H)×9.7(D)mm、重量は約147g、ディスプレイは、約4.7インチのCG-Silicon TFT液晶を搭載する。

130124_a02_04_960

本体正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

130124_a02_05_960

本体上部側面(画像上)と下部側面(画像下)
本体向かって左側面にはボリュームキー(上下キー)とファンクションキーを備え、INFOBARのロゴ表記が、右側面には充電台ようの設定、auのロゴ表記がある。上部側面には電源キーと3.5mmイヤホンジャック、下部側面にはマイクと型番のA02が表記されている。

130124_a02_07_960

ディスプレイの上にはサブカメラを搭載。通知バーには「LTE」の表示

130124_a02_06_960

ディスプレイ下部
本体正面の上部には、広角撮影が可能な約210万画素のCMOSカメラを備えている。ディスプレイ上部の通知バーには「LTE」の表示もあるように高速通信規格「LTE」によるauのデータ通信サービス「4G LTE」に対応する。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。