ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい「INFOBAR」はここが凄い!auのデザインスマホ「INFOBAR A02」を写真と動画でチェック!〜外観編〜【レポート】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハイスペックなデザインスマホ「INFOBAR A02」は買いだ!
既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラーは24日、2013年春に発売予定の新モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を2月中旬以降に関東および沖縄から順次発売することを発表した。

同日、都内で開催された「INFOBAR発表会」で、展示機を試すことができたので2回に渡って紹介していく。まず今回は外観編としてA02の特長的な外観写真を中心に基本機能などを紹介する。

130124_a02_02_960

本体正面

130124_a02_03_960

本体背面。左から「NISHIKIGOI」「ICE GRAY」「AOAO」
本体正面ディスプレイ周囲のベゼル部分はいずれもブラックで、カラーバリエーションを見分ける部分としては、側面から背面部分となる。A02のカラーバリエーションは「NISHIKIGOI」「ICE GRAY」「AOAO」の3色展開。

INFOBARといえばNISHIKIGOIだが、次いで市松模様を採用した「ICHIMATSU」もINFOBARの中では連想しやすいカラーバリエーションと言えるだろう。今回はハードキーが少なく、前面のディスプレイ部分には全くないため、市松模様の再現が難しいためバリエーションには含まれなかったのだという。

また、2001年に発表されたコンセプトモデル「info.bar」から毎回の製品版INFOBARにおいて、ブルーは候補に上がっているというものの、今回のA02のような濃い、はっきりとしたブルー色がラインナップされたのは初めて。

本体サイズは約70(W)×138(H)×9.7(D)mm、重量は約147g、ディスプレイは、約4.7インチのCG-Silicon TFT液晶を搭載する。

130124_a02_04_960

本体正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

130124_a02_05_960

本体上部側面(画像上)と下部側面(画像下)
本体向かって左側面にはボリュームキー(上下キー)とファンクションキーを備え、INFOBARのロゴ表記が、右側面には充電台ようの設定、auのロゴ表記がある。上部側面には電源キーと3.5mmイヤホンジャック、下部側面にはマイクと型番のA02が表記されている。

130124_a02_07_960

ディスプレイの上にはサブカメラを搭載。通知バーには「LTE」の表示

130124_a02_06_960

ディスプレイ下部
本体正面の上部には、広角撮影が可能な約210万画素のCMOSカメラを備えている。ディスプレイ上部の通知バーには「LTE」の表示もあるように高速通信規格「LTE」によるauのデータ通信サービス「4G LTE」に対応する。

ディスプレイ下部には、「バック(戻る)」「ホーム」「タスク」の3つのタッチキーが用意されており、本体前面には物理的なハードキーは搭載されない。

130124_a02_08_960

本体背面
本体背面には約800万画素のCMOSカメラを搭載するほか、ライトや赤外線通信ポート、FeliCaポートを搭載する。国内向けに需要の高い「おサイフケータイ」に加え「NFC(Near Field Communication)」もサポートしている。

130124_a02_09_960

カバーで覆うことができるmicroUSB端子

130124_a02_10_960

電池カバー、電池パックを外したところ
A02はIPX5およびIPX7等級の防水性能、IP5X等級の防塵性能に対応しているため、上部側面のmicroUSB端子のカバーと背面の電池カバーの裏には液体などの侵入を防ぐパッキンが取り付けられている。

電池パックを外したバッテリーボックス内にmicroSIMスロットとmicroSDカードスロットを搭載する。microSDカードは、microSDHCの32GBまで対応している。また、電池容量は2100mAhと大容量のものを使用している。

130124_a02_11_960

ストラップは引っ掛けるタイプ

130124_a02_12_960

ストラップ装着時
電池カバーを外し、本体の下部を見るとストラップを引っかける部分がある。ストラップ紐をここに通して電池カバーで閉じることにストラップもしっかり装着することが可能。

130124_a02_13_960

ストレージ(画像左)とソフトウェア情報(画像右)
内部ストレージは16GBを用意しており、展示機で確認したところ、空き容量は約11.16GBあった。Androidのバージョンは4.1.1(開発コード名:JellyBean)、HTC Senceは「HTC J butterfly HTL21」(以下、HTL21)と同じく4+を搭載する。CPUはMDM9615+APQ8064(1.5GHz駆動)クアッドコア、RAMは1GBを搭載。

そのほか、ワンセグ、Bluetooth(ver.4.0)、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n、2.4GHz/5GHzに対応し、テザリングによるWi-Fi搭載機器の同時接続台数は最大で8台まで、WIN HIGH SPEED、グローバルパスポート(CDMA/GSM/UMTS/GPRS)、安心アクセス for Android、緊急速報メール、auスマートパスに対応するなどauスマートフォンとしてはほぼ全部入りのスペック。

HTC製のA02は、HTL21とほぼ同等のスペックで、画面サイズが5インチから4.7インチに若干小さくなった点、RAMが2GBから1GBになった点以外は、バッテリー容量は2020mAhから2100mAhに容量アップや、IPX7等級の防水性能、IP5Xの防塵性能に対応するなど、しっかりと進化している部分も多い。

最後に再起動からのメニュー画面、カメラ機能、高速連写、アニメーション表示のOFF設定などを試した動画を紹介する。

S-MAX:HTC製「INFOBAR A02」ファーストインプレッション
次回は、UI(ユーザーインターフェース)やハードウェアでの特長的な部分をまとめて紹介する。

130124_a02_14_960

■主な仕様

(http://news.livedoor.com/article/detail/7360784/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。