ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

永井大、彼女との修羅場や独特の恋愛観を告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

28日放送の「ストライクTV」(テレビ朝日系列)内「最低の恋愛スペシャル」で、出演者らの「最低だった恋愛」が語られた。大久保佳代子、渡部建、小原正子、壇蜜らが恋愛遍歴を語るなか、爽やかで真面目なイメージの永井大も意外なエピソードを明かした。

永井の元彼女は、別れた後に永井の後輩と交際したうえ「やっぱり永井のことが忘れられない」と言って、永井のもとに戻ってきたそうだ。しかし彼女と後輩が、永井のバイト先である居酒屋にきていたことから、黙って二人で会っていたことが発覚。動揺したものの彼女が「後輩とは友達」だと主張したので問い詰めなかった。

しかしバイトが終わった永井が彼女の部屋に戻ると、彼女と後輩が二人で部屋にいたという。その場を去る永井は、追いかけてくる彼女に対し「ふざけんな!もう別れる」と叫び自分の自転車を蹴ったのだが、はずみで靴がポーンと飛んでいってしまい、なんとも恥ずかしい修羅場を迎えてしまったそうだ。これには出演者一同、永井に同情した様子だった。

その一方で、司会の爆笑問題太田が「好きでも別れてしまうことがあるって?」と切り込むと「付き合いから別れまでのストーリーを作ってしまう」という独特の恋愛観を告白。中学一年のときから交際していた彼女に対しては「彼女は進学校に、僕は普通の高校に行くんだろう」と勝手に思い込み、卒業式前に永井から「別れよう」と告げたという。

クリスマスデートも完璧なストーリーを作るようで、ある年のクリスマスにも交際していた女性のため完璧なデートプランを計画。しかしディナーを食べている時、貝の殻など固いものを噛んだせいか、永井の歯が欠けてしまったそうだ。激痛のため最後に行く予定だったバーまで辿りつけなかったのが「唯一完璧にいかなかったクリスマス」だと語り、出演者たちを呆れさせていた。

【関連記事】
【エンタがビタミン♪】伊集院、爆問・田中が暴露。「全方位の女」さとう珠緒の恐るべき“ぶりっ子”ぶり。
【エンタがビタミン♪】いわゆる“美魔女”に対する男性の本音。今田耕司の持つ違和感とは?
板東英二が語った、矢沢永吉との気まずいエピソード

(http://news.livedoor.com/article/detail/7360421/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP