ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見やすさもダントツトップ! ガラケーでメンズファッションを買うなら、TopIsm

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日紹介したメンズファッションのネットショップ「TopIsm」。間違いなく毒男からの脱出の役に立ってくれるサイトであることがご理解いただけたと思う。このサイト、PC用、スマホ用に加えて、ガラケー用が用意されているので、その紹介をしておこう。

ネット回線がない家は今じゃそう多くないだろうということでPC用の話は置いといたとして、3Gにしろ4G通信にしろ、動画やゴリゴリのFlashでも使っていない限り、スマホ用サイトもサイト情報量をそれほど気にしなくてもいい。

いっぽうガラケーとなると話が変わってくる。パケット定額制を導入していたとしても、金額が二段階制だったりする。ガラケーサイトでは、パケットを無駄遣いさせないような、ユーザーへの配慮があるサイト構成かどうかがポイントだ。

トップバナー画面以外はテキストでパケットを節約できるようになっている。

■ポイントを押さえたサイト構成で商品選択が可能
TopIsmがどういうサイトなのか、まずはざっくりと紹介しておこう。このサイト、言わずと知れたメンズファッション通販のお店である。

いま人気のデザインのメンズファッションが、わざわざお店に行かなくても購入できてしまうという、非常に便利なサイトなのである。

買い物に出て行くのが面倒だという人や、仕事が忙しくていつも午前様になってしまって服すらろくに買えないなんて人には、ベストなお店だ。

価格設定も手ごろな値段で各種アイテムを取り揃えているので、最新のメンズファッションをお得に買い揃えたい人にももってこいだ。

根強いガラケー派にとって、使い勝手のいいファッションサイトは非常にありがたい。また、社内に個人用PCやスマホといった情報端末を持ち込めないような企業の場合、ガラケーの利用だけが許可されているケースもあり、そうした人は昼休み中などにガラケーでTopIsmのサイトを満喫することができる。

TopIsmのサイトトップにアクセスすると、ファッション通販なので洋服画像だらけのサイトなのかと思いきや、画像はポイント使いであり、それ以外はテキストにすることで余計なパケットを消費しないよう構成されている。

どこかの着メロや着うたサイトとは異なり画像を多用していないため、かえってポイント部分が大きく目立つようになっている。実際のところ、サイト内で目立つ部分だけをチェック、欲しい物を選択すれば、効率よくおすすめアイテムの買い物ができるようになっている。

箇条書きで分かりやすくリストがずらっと並んでいる。

■商品説明は明確に分類し箇条書きでポイントを押さえる
たとえば特価商品のページを見てみると、商品名を「マフラー/メンズ/ストール/ボーダー」といった感じで小分けにして、どんなアイテムかを容易にイメージできるようにしている。商品によっては短いキャッチ文を付けることで、アイテムの雰囲気をより瞬間的に伝えようという配慮が見られる。

そして製品名の下に通常価格、特価、割引率といった項目が色分けされて並んでいる。赤文字を見て支払金額を、青文字を見て割引率を、自分が重視したい項目をひと目でチェックできるようになっている。

■購入を最後に後押しする商品ページ
最終的には商品のリンクをクリックして、詳細説明のページに飛んでから、カートに入れて決済という流れになるわけだが、この詳細ページがよくできている。写真は、あまり大きくせずに、商品の説明をかなり詳しく書いてある。もちろん写真は拡大することが可能だ。そして、アイテムの印象やおすすめポイント、素材や着心地など、読むだけで実際の服のイメージを強くできるような説明が書かれているのだ。実際着てみないと買うのはちょっと…という人でも、結構安心して買物を楽しめるに違いない。

このように、サイトにアクセスすれば、すぐに最新トレンドのメンズファッションを入手できる「TopIsm」。ガラケーユーザーの方には、ぜひともこのサイトにアクセスしてみることをおススメする。

[PR企画]

メンズファッション通販「TopIsm」
メンズ服人気ファッション通販
メンズアウター通販
メンズボトムス通販
メンズ靴/スニーカー/ブーツ通販
メンズ服/NEWアイテム

外部サイト

CESの基調講演で感じた勢いの差 パナソニックとサムスンの方向性 を読み解く【デジ通】
XPS13がフルHD対応  デルのUltrabook「XPS 13」にフルHDモデルが追加
吸盤で密着固定! カーシェアリングやレンタカー利用時に最適なスマホフォルダー

(http://news.livedoor.com/article/detail/7360306/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP