ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔の左側にはホンネが出やすいらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


あなたは人の表情を見て、相手の感情を読み取ることができますか?
これ、簡単なようでじつはとっても難しいことですよね。相手がいやがっているのに全然わからずにしつこくしてしまったり、せっかく好意を持たれているのに鈍感で気付かなかったり。

しかし、どうやら「恐怖、驚き、嫌悪、怒り、悲しみ」の感情は、相手の顔の左側を見ればわかるのだそう。
『必ず誰かに話したくなる心理学99題』(宝島社文庫)よると、アメリカの心理学者ハロルド・サッカイムは、幸福、恐怖、驚き、嫌悪、怒り、悲しみの表情をあらわしたX氏の顔写真を半分にし、右側だけの顔と、左側だけの顔を合成して、被験者たちに見せ、どのような印象を持ったか語ってもらう、という実験を実施。

その結果、「幸福の表情」以外の5つの表情(恐怖、驚き、嫌悪、怒り、悲しみの表情)は左側の顔に強くあらわれることがわかった、とのことです。ということは、ネガティブな感情を相手にさとられたくないときは左側の顔があまり見えないように座るといい、ということですね。

とは言いながら、個人的には、感情を隠すよりも、逆に左側もしっかり見せてオープンな付き合いをするほうが気が楽だな~、なんて思っちゃいます。あえて感情豊かな内面をさらけ出して、コミュニケーションを深めて、心の絆を強める、というのも素敵なのではないでしょうか?

ちなみに、幸福の表情だけは、右側の顔にあらわれやすいそうです。さて、皆さんはどう活用しますか?

photo by Thinkstock/Getty Images
(恋心カウンセラー/塩月美香子)



(グリッティ)記事関連リンク
急な大雪でも焦らない雪道運転のコツって?
「コンコンッ」はNG? ドアノックの正しい回数とそのワケ
他人事ではない! 交通事故を起こしてしまった時にとるべき6つの行動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP