ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八景島シーパラダイスが新施設「うみファーム」をオープン!釣りやバーベキューなど“リアル体験”が充実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お出かけスポットとしてもおなじみの「横浜・八景島シーパラダイス」が20周年を記念して、新施設「うみファーム」を3月8日にオープン!「遊んで学んで食べられる」という 、“食育”ならぬ“海育”の場が誕生する。

「うみファーム」の特徴は、水族館という建物から海へ出て、自然と直接ふれあえること。魚やくらげなど、海の生き物たちの生態系を観察できるコーナーのほか、海中観覧船、魚釣り、つかみ獲りなど“リアル体験”を楽しむことができる。

また、「うみファーム」に隣接する海上エリアには、「シーボート」もオープン。ボートに乗って海に繰り出せば、そこにはイルカたちが待っており、ご飯タイムには餌をあげることもできる。さらに、自分が獲った魚などを炭火でいただく「海のバーベキュー」も登場し、大人も存分に楽しめるようになっている。

今年は、休日にちょっと遠出をするなら、是非「うみファーム」を訪れてみては?料金は、「アクアリゾーツパス」(水族館4施設共通入館券)が大人2900円、小・中学生1700円。季節ごとのイベントなどもあるので、随時HP(http://www.seaparadise.co.jp/)をチェックしてみてほしい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP