体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画家・佐藤秀峰がニコ生で講演実況!「著作権を締め付けるのでなくて解放したい」自炊代行訴訟についても意見

shuhosato

先日niconicoサービス『ニコニコチャンネル』、そして『ブロマガ』に自身のページをオープンした漫画家の佐藤秀峰さん。26日(土)にメディアアートとクリエイターの祭典「eAT KANAZAWA」に出演し、ニコ生をしながら講演を実施。イベントの様子、今後の展望について話しました。

eAT KANAZAWAは、石川県金沢市が開催する、ジャンルの垣根を越えたクリエイターによる講演やイベント。今回は佐藤先生の他に、明和電機の土佐信道さん、特技監督・映画監督の樋口真嗣さんなどが出演しました。

紙媒体よりもネットでのマンガ公開に可能性を見出し、様々なアプローチをネット上で行っている佐藤先生は、先日もニコニコチャンネル内の公式チャンネル『佐藤秀峰ちゃんねる』にて漫画の作画シーンを公開。ブロマガ上では、1日1コマ連載の新作漫画となる『描男 kakuo』をスタートしています。

shuhosato

講演前の楽屋で生放送を始めた佐藤先生はリラックスムードでトークを開始。ユーザーともコメント上で

ユーザー:金沢カレー食べた?
佐藤先生:お寿司食べましたよ。

佐藤先生:1人で30分も講演するなんて本当間が持たなくて緊張するので、今日はニコ生の皆さんとステージにあがりますよ。
ユーザー:俺もステージに\(^o^)/

ユーザー:Twitterの時の秀峰先生は飲んでるんですか?
佐藤先生:飲んでないですよ、平常運転で人の悪口も言いますしね。

などとコミュニケーションを楽しんでいました。

講演のテーマは『ブラよろ』二次利用フリーへの反響

shuhosato

今回佐藤先生が行う講演のテーマは「『ブラよろ』二次利用フリーへの反響」。ドラマ化もされ、大ヒットとなった漫画『ブラックジャックによろしく』は、2012年9月15日より著作権フリー化しており、あらゆる二次利用を自由にできるようになっています。画像の消しゴムハンコは、佐藤先生が二次利用によって生み出された作品を「いいね!」と認定した時に押してもらえるもの。この手作り感、とってもカワイイ。

コメントも一緒に、いざステージへ!

shuhosato

ドキドキの待機時間を経て(待ってる時間って本当長いですよね……)いざ、ステージへ。約300人の観客を前に、佐藤先生の講演がスタートします。

そもそも、『ブラックジャックによろしく』の二次使用フリーとは、「商用・非商用を問わず、作品を出版したり、小説化や映画化などを無料で自由に行うことができる」というもの。「ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on Web http://mangaonweb.com/」と出典を記載すれば、自由に創作ができるというわけ。例えば筆者が登場人物のイラストをプリントしたノートを作ったり、吹き出しを利用して“ふせん”を作ることもできちゃうんです。

shuhosato

これまでの事例としては、漫画のコマを組み合わせて新しい漫画を作ったり。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。