ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「笑っていいとも!」で映画泥棒の中の人が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

28日放送の「笑っていいとも」(フジテレビ系)内のコーナーで「NO MORE 映画泥棒」のカメラ男が登場し、その素顔が明らかになった。

「NO MORE 映画泥棒」とは、映画館で本編上映前に、映画の撮影・録音が犯罪であることを啓発するマナーCMだ。登場するカメラ男は、頭にカメラをかぶり、スーツ姿でパントマイムを披露する。映画館に行った人なら一度は目にしたことがあるだろう。

カメラ男は、見た目にはわからないが、驚きのエピソードを持つワケあり人間が登場する「ワケあり人間 カジノどっちベガス」に出演。「映画泥棒の振付も自身が作っており、ダンサー暦25年のベテランである」と紹介された。

カメラ男の「中の人」であるo-kiさんはダンス暦25年の40歳で、パフォーマーとしての活動だけでなく、振付師やダンス指導、イベントMCとして活動しており、「JAPAN HIPHOP DANCE ASSOCIATION」の副理事長でもあるという。その素顔は森山直太朗似のイケメンで、ツイッターでは、そのイケメンぶりに驚きの声が上がった。

o-kiさんは最後にカメラをかぶって、映画泥棒のダンスを実際に披露し、スタジオは大いに盛り上がった。

【関連情報】
【画像】笑っていいともに出演した映画泥棒の中の人がイケメンすぎると話題
(高画質) 映画泥棒 中の人
いいともに映画泥棒の中の人がでてた件 まとめ

【関連記事】
【エンタがビタミン♪】指原莉乃が見せた黒い涙。新成人の剛力彩芽と『いいとも』共演でハプニング。
「笑っていいとも!」の年末特番 草なぎ剛が中居正広にキレる

(http://news.livedoor.com/article/detail/7356838/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP