体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】

今春イチオシのスマートフォンかも!
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載するスマートフォン「ELUGA X P-02E」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。既にドコモショップにおいて予約受付中で、30日に発売予定です。

5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)液晶とクアッドコアCPUを、幅約68ミリ・薄さ9.9ミリのラウンドフォルム筐体に詰め込んだハイスペックモデルです。バッテリーの非接触充電「おくだけ充電」にも対応しています。モバキャス(NOTTV)チューナーや決済機能にも対応したNFC機能を搭載するなど、スペック的にも競合他社に遜色のない機能を有しています。

22日の発表会では、開発中の実機とともに、発売予定の周辺機器の一部が展示されていたので、写真を交えて紹介していきます。

クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】 クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】

カラーはBlue Green(左)とBlack(右)
筐体はBlue GreenとBlackの2色展開。NEXTシリーズだけあって、バリエーションが少なめです。Blue Greenは光沢付き、Blackは光沢なし加工です。もしも指紋の跡が気になる、というのであればBlackがお勧めです。個人的にはWhiteがあると良かったのかなー、と思ったりします。

クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】

物理キーが“復活”!
正面で一番注目すべき点は、昨夏モデルでは無くなっていた物理ボタンによるシステムキーが復活しています。配列は、「戻る」、「ホーム」、「メニュー」となっています。昨夏モデルの「ELUGA V P-06D」や「ELUGA power P-07D」ではAndroid 4.0のガイドライン通り、正面のシステムキーは画面に表示していたのですが、「『物理ボタンがどうしても欲しい』という要望が多数寄せられた」(説明員)ということで復活したようです。また、「フルHD液晶の画面を全ての場面で活かせて、他端末との大きな差別化要素にもなる」(説明員)という狙いもあるようです。

クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】

左側面

クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】

右側面
左側面には何も配置されていません。右側面にはワンセグ・モバキャス用アンテナが上部に、ちょっと下寄りに電源ボタンとボリュームボタンが配置されています。

クアッドコアCPUと大画面フルHD液晶をスリムなボディに凝縮!「ELUGA X P-02E」を写真でチェック【レポート】

本体上部
本体上部には、ワンセグ・モバキャス用アンテナ、マイクロUSB端子(MHL出力端子兼用)、イヤホンマイク端子があります。マイクロUSB端子はパッキン付きのふたで保護されています。イヤホンマイク端子はキャップレス防水に対応しています。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。