ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WBC 3連覇へ、山本監督が挙げたキーマンは“6番打者”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

27日深夜、日本テレビ「Going! Sports&News」では、野球解説者・江川卓氏が、法政大の先輩でもある、WBC日本代表・山本浩二監督を訪ね、インタビューを行った模様が放送された。

WBC 3連覇に向け、3つのテーマで話を訊くという今回の放送では、1つ目のテーマとなる「6番打者」について、山本監督が具体的な名前を挙げた。

WBCなどの国際試合では、クリーンナップが敬遠されることが予想される。インタビューの冒頭、江川氏が「6番が重要」と述べると、「意見が合ったよ」と後輩に握手を求めた山本監督は、「代表チームは、各チームから主力がきている。特に代表チームはクリーンナップからはじまるケースもある。となると、6番、7番がランナーを返す。こういうケースが非常に多い」と前置きした上で、「糸井はキーマンになる可能性がある」と明かした。

先日、北海道日本ハムからオリックスへ電撃移籍をした糸井嘉男。山本監督は、球界屈指のリードオフマンを「走攻守、肩もある。性格もいい性格してる。動じないというかな。ある意味、天然。すごく好感が持てる。キューバ戦で話していても、すごく溶け込みやすい。彼のバッティングは思い切りとか、すごくいいものを持っている」と絶賛した。

だが、江川氏は昨年の日本シリーズで、糸井が巨人投手陣の内角攻めに対し、苦戦を強いられた点を挙げると、「一打席目に意固地になるボールを投げられてしまったら、パタッと止まる可能性もあるバッター」と不安を指摘。それでも、山本監督は「あの時の結果だけを見て、評価しちゃいかんでしょう」と“問題なし”を強調した。

気になるもう2つのテーマ=「投手」「ライバル国」については、来週の放送予定となる。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7355313/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP