ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年01月28日~02月03日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年01月28日~02月03日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:獅子座

運気は好調。仕事などの場面においても私生活においても不安に思っていたことが払拭される見通し。また積極的な行動や発言が良い結果に結びつくでしょう。広い視野で物事を見るように心がけることでさらに良い運気が舞い込む兆し。海外の情報にもツキがありそう。

第2位:射手座

過去に失敗したことや諦めてしまったことなどに再チャレンジする機会がめぐってくるかもしれません。失敗したときのイメージにとらわれず前向きに取り組むことが幸運の鍵となるでしょう。ただし無計画に突っ走るのは禁物です。計画性のなさは再び失敗する要因に。

第3位:乙女座

仲間や友人たちとの絆が深まる兆し。シングルの人はそこから素敵な出逢いを見つけるかもしれません。また金銭運では収支の見直しを図る良い時期。ただし予定を立てたらきちんと行動に移すこと。ダラダラ無為に過ごしてしまうと運気は下降する傾向なので注意して。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/286344 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:天秤座
週の始めに思い切りへこむような出来事が起こりそうですがその後の運気は上昇傾向。環境や状況の変化が激しい時期なのでいっそのことこれまでのしがらみから解き放たれる良い機会かもしれません。中途半端な未練がましい気持ちがいちばんの敵。気持ちを前向きに。

第5位:山羊座
忙殺されて身動きがとれなくなるような状況に陥るかもしれません。しかしそのなかで自分の問題点や将来についての目標や希望が明確になっていくでしょう。意識して自分の内側との対話を大切にしましょう。また臨機応変な対応は周囲からの高い評価につながる兆し。

第6位:蠍座
今週のあなたのテーマは『無理をしない』というひと言に尽きるようです。体調に違和感をおぼえたら休むとか他者との諍いを避けるなどできるだけストレスから遠ざかり穏やかに過ごすよう心がけることが幸運の鍵。体面や体裁を気にして無理をすると後でたたることに。

第7位:魚座
何事につけても疑い深くなりがちなとき。慎重になることは大切ですが疑心暗鬼なんてことにもなりかねません。気持ちの折り合いをつけることが肝要。また見た目に気を使うことが運気アップの鍵となるでしょう。服装や髪形だけでなく内側からの美しさにも気をつけて。

第8位:水瓶座
周囲の協力や助力をアテにしていると期待が外れてガッカリするかもしれません。まずは自分の力で乗り越えようとすることが肝心。自分には無理だと最初から諦めるのは禁物。合理的に進めるのが成功の秘けつとなりそうです。散財を控え貯蓄を始めるのは吉と出そう。

第9位:双子座
向き合わなければならない現実の嫌な部分ばかりが目についてウンザリしてしまいそう。ですが投げ出してしまえばこれまで積み上げてきたことも水の泡に。屋外での活動が運気を上昇させてくれるでしょう。また時間厳守を心がけると周囲からの評判もアップする兆し。

第10位:牡牛座
予期せぬトラブルに見舞われる兆し。ただし周囲の協力や助言によってピンチを切り抜けることができそう。自分とは異なる視点を持つ人の意見を大切にすることが問題解決の鍵になるようです。偏見を持ったり感情的にならず公正な目で客観的に受け止めることが肝要。

第11位:蟹座
まわりのことばかりが気になって自分のことを疎かにしてしまう傾向にあるようです。そのため言わなくても良いようなことを言ったり余計な手出しをしたりして相手を不快にさせることも。まず自分のことを第一に考えるようにしましょう。他人にかまけるのはその後で。

第12位:牡羊座
身近な人の悪気のない言葉や態度に傷つくことがあるかもしれません。しかしまともに正面からぶつかっても疲れるだけの結果にしかなりません。売り言葉に買い言葉等には特に注意が必要です。できるだけ自分がリラックスできる空間作りや時間作りを心がけましょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP