ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各キャリアの2013年版「学割」サービスの違いを比較してみた!最安値の月額料金シミュレーション付き【コラム】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年の各キャリアの学割はどう違う?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルと各携帯電話事業者で毎年実施される学割施策は似たような感じが多かったのですが、今年の学割キャンペーン内容は、基本使用料無料といった点は共通ですが、その他の割引き部分や特典内容に変化が見られます。

NTTドコモの「応援学割2013」、KDDIの「学割」、ソフトバンクの「ホワイト学割 with 家族2013」がそれぞれ発表した学割キャンペーンを何がどう違うのか簡単に比較してみました。

次世代高速通信規格「LTE」の本格導入もあり今後のエリアの拡大が期待される中、欲しい端末や価格、サービス内容、エリア、家族で使うメリットなどなど検討材料は数多くあると思いますが、学生さんやご家族のみなさんで家族会議を開くときの参考にしていただければと思います。

■ 基本使用料の割引比較

【ドコモの場合】
「タイプXiにねん」+「Xiパケ・ホーダイ ライト」「Xiパケ・ホーダイ フラット」「Xiパケ・ホーダイ ダブル」いずれかのパケット割引に加入することで3年間基本使用料が無料になります。

FOMAの場合は「タイプシンプルバリュー」+「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」+「パケ・ホーダイ シンプル」「パケ・ホーダイ ダブル2」「パケ・ホーダイ フラット」のいずれかに加入となります。

【auの場合】
「プランZシンプル」または「LTEプラン」+「誰でも割」または「スマイルハート割引」の加入で基本使用料が無料になります。

【ソフトバンクの場合】
「ホワイトプラン」+「S!ベーシックパック」+「指定のパケット定額サービス」の加入で基本使用料が無料になります。

■ MNP新規加入ではなくても家族も3年間無料になるドコモの「応援学割2013」

・各パケット定額プランが37ヶ月間、1050円値引きになります。
・「学生家族いっしょ割」(2月28日まで)と併用することで同日、同一店舗で対象機種を購入すると端末購入代金の割引があります。
(学生が家族と同時購入で最大10,000円引き、学生のみ購入時は最大5,000円引き、家族が学生と同時購入の場合は最大5,000円引き)

ドコモ同士での通話が多い場合の注意点として、他の2社とは違い、同じ携帯電話事業者間での通話無料には対応していないのでドコモ同士の通話を無料にするには、「タイプXiにねん」または「タイプXi」の料金プランでの契約をし「カケ・ホーダイ(月額700円)」を契約することで、国内のドコモ回線への通話が24時間無料になります。

【最安月額料金シミュレーション】
(Xiスマートフォン)
「タイプXi にねん(最大3年間0円)」+「Xiパケ・ホーダイ ライト(最大3年間3,885円)」+「spモード(315円)」=4,200円
(FOMA)
「タイプシンプル バリュー(最大3年間0円)」+「パケ・ホーダイ フラット(最大3年間4,410円)」+「spモード(315円)」=4,725円

■学割以外の割引が充実しているauの「学割」


学生以外でも割引対象になるキャンペーンも用意されていて、「LTEスマホ パケット割」では新規またはMNP新規にて「4G LTE」対応のスマートフォンを購入しパケット定額サービス「LTEフラット」を契約すると、通常定額料5,985円の月額料金が2年間525円割引かれ5,460円になります。

「学割」を適用しないユーザー向け「ウェルカム割」では、MNP新規契約をすると「LTEプラン」または「プランZシンプル」の基本使用料が最大2年間980円割引かれます。

また、3月31日まで実施されている「U25 auスマホ割」の条件を満たすと本体価格を最大10,500円割引くキャンペーンもあります。

【最安月額料金シミュレーション】
(LTEスマートフォン)
「LTEプラン(最大3年間0円、家族は最大3年間 or 1年間)」+「LTEフラット(最大2年間5,460円/月)」+「LTE NET(315円)」=5,775円
(3Gスマートフォン)
「プランZシンプル(最大3年間0円、家族は最大3年間 or 1年間)」+「ISフラット(最大24ヶ月5,460円)」+「IS NET(315円)」=5,775円

■ PhotoVisionTV(202HW)がもらえるソフトバンクの「ホワイト学割 with 家族2013」


過去に「ホワイト学割 with 家族」を適用したことがない場合は機種変更でもキャンペーン割引対象になります。

パケット料金に関しては、延長された4Gスマートフォン向け定額料金プラン「パケットし放題フラット for 4G」に加入することで、通常5,985円の月額料金が2年間525円割引かれ5,460円になります。

さらに以下の特典を受けることができます。
・学生と家族がいっしょに新規加入すると、TVが観れるPhotoVision TV(202HW)が0円になります。
※新スーパーボーナス用販売価格(21,360円)2年間の基本使用料(890円/月)に加え、新規事務手数料(3,150円)、ユニバーサルサービス料(3.15円)も無料になります。

【最安月額料金シミュレーション】
(3G・AXGPスマートフォン)
「ホワイトプラン(最大3年間0円、家族は最大3年間 or 1年間)」+「パケットし放題フラット for 4G(最大2年間5,460円/月)」+「S!ベーシックパック(315円)」=5,775円
※4Gスマホスタートキャンペーン適用時

割引額が最も大きいのはXi、FOMAともにパケット定額料金の1,050円割引があるドコモとなっています。

一方、auとソフトバンクは横並び状態になっていますが、学生以外でも割引の本体価格を最大10,500円割引かれる「U25 auスマホ割」やパケット定額料金の割引がある「LTEスマホ パケット割」、「学割」を適用しないユーザー向け「ウェルカム割」などの特典があるauに対し、ソフトバンクはキャンペーンが延長されたパケット定額料金の割引がある「パケットし放題フラット for 4G」や本体価格や事務手数料が無料になり、2年間の基本使用料、ユニバーサルサービス料が無料になるTVが観れるPhotoVision TV(202HW)がもらえるキャンペーンなどがあります。

さらに、auとソフトバンクの2社は「auスマートバリュー」「BBスマホ割」があり、固定回線とセット契約することでパケット定額料金の割引サービスも用意されているのでパケット料金を下げることもできます。

各キャリアごとに契約に必要な書類や条件などの細かい部分が異なるので契約される際は店頭などでよく確認してみてください。

記事執筆:にゃんこ

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
NTTドコモ、学生とその家族を対象としたキャンペーン「応援学割2013」と「学生家族いっしょ割」を18日から実施!特設サイト「AKBダケの応援学割」もオープン – S-MAX – ライブドアブログ
KDDI、学生・家族の基本使用料が無料になるau向け割引サービス「学割」キャンペーンを実施 – S-MAX – ライブドアブログ
ソフトバンク、学生・子供とその家族が対象の割引サービス「ホワイト学割 with 家族2013」を1月25日より受付開始 – S-MAX – ライブドアブログ
「学割」キャンペーンサイト | KDDI
「LTEスマホ パケット割」キャンペーンについて | KDDI
「ウェルカム割」キャンペーンについて | KDDI
KDDI
au
ホワイト学割 with 家族2013 | ソフトバンクモバイルプレスリリース
ホワイト学割 with 家族2013 | ソフトバンクモバイルサイト

外部サイト

各キャリアの2013年版「学割」サービスの違いを比較してみた!最安値の月額料金シミュレーション付き【コラム】
SoftBank SELECTIONからポップでカラフルな「HONEY BEE SoftBank 201K」専用のかわいいアクセサリーが販売開始
キャリアの垣根を越えた相談窓口として、アークモバイルが「スマホの窓口」を開設!スマートフォン教室や講師派遣などのサービスを開始【レポート】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7353430/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP