体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

持ちやすく使いやすくなったクアッドコア1.7GHzのハイスペックスマートフォン「Optimus G Pro L-04E」を写真と動画でチェック【レポート】

新しいOptimusは使いやすいハイスペックスマホだ
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、LGエレクトロニクス製のスマートフォン「Optimus G Pro L-04E」(以下、L-04E)を4月上旬以降に発売すると発表した。

同発表会の展示会場において、L-04Eの展示機を試すことができたので写真と動画で紹介する。

01

L-04Eの外観の特徴は、狭額設計の5インチフルHD(1080×1920ドット)ディスプレイとハードキーとなったホームボタンだ。さらにガラス面とタッチセンサーを一体化する技術によって液晶パネルがガラス面に近づき、狭額設計と相まって前面が液晶パネルそのものと言った印象を受ける。

フルHDの5インチディスプレイを搭載したことで気になるサイズだが、約139(高さ) × 70(幅) × 10.0(厚さ)mm、重さ160gとなっている。狭額設計とは言え横幅が70mmもありさらに厚さ10mmだが、背面は角を多く落とした丸いフォルムとなっているため手にフィットする。流石に5インチなので片手で全てを操作するのは厳しいと感じた。

Optimus G L-01E」ではタッチセンサーだったホームキーがハードキーとなった事で、ウエイクアップ操作をホームキーで行うことができるようになり利便性が向上している。ちなみにL-01Eは側面のボリュームボタン下でウエイクアップができるので、比較的押しやすい方であった。

02

ボディーカラーはIndigo BlackとPlutinum Whiteの2色。カメラは背面に約1320万画素、前面に約240万画素の裏面照射型CMOSセンサーが搭載されている。

05 06

Platinum Whiteは光にマットな質感でIndigo Blackは光沢仕上げとなっている。大容量3000mAhのバッテリーは内蔵となっており交換することはできない。

03

本体上面には左角にアンテナ、赤外線ポート、イヤフォン端子がある(Indigo Black)、下面にはUSB端子がある。

10

赤外線ポートは、QリモコンでAV機器をコントロールする際に一般的なリモコンと同じような持ち方で操作できるようにデザインされている。

04

左側面には電源ボタン、ボリュームボタン、microSD/miniUIMスロットがカバーの中にある(Indigo Black)、右側面にはストラップホールがある。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。