体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャリアの垣根を越えた相談窓口として、アークモバイルが「スマホの窓口」を開設!スマートフォン教室や講師派遣などのサービスを開始【レポート】

デジタル・IT


スマホの窓口を開設
アークモバイルは17日、スマートフォンの操作方法などを学んだり相談できたりする場所として、コンシューマ向けの“スマートフォン教室・相談窓口”の「スマホの窓口」を開設し、同社のセミナールームで体験会が行われた。

同社はこれまでに、企業や販売店向けにスマートフォンやタブレットなどのセミナー、研修などを行ってきており、そうしたノウハウを活かし今回、同社内のセミナールームを開放して個人ユーザー向けのサポートサービスを開始するのだという。

■スマホの窓口とは?
同社代表取締役の新川氏は、「首都圏でのスマ-トフォンの利用は多いが、スマートフォンと従来の携帯電話との比率は、まだ圧倒的に従来の携帯電話の方が多い。スマートフォンを利用していない人や、シニア層もたくさんいる。そうした背景もあり、キャリア(通信事業者)もスマートフォンの利用者、これからスマートフォンを持とうと検討している人に対する相談窓口やサポート面において行き届いてない点も多い」とし、「我々は、スマホに関する業務はなんでもやります!というスタンスなので、シニア層を中心にスマホを購入する前の相談窓口として利用して頂きたい。」と話す。

体験会では、購入前の初心者向けの内容となっていたが、「今後は中級者や法人向けにも展開していきたい」(新川氏)という。また、講座内容としては、「教室だけでなく、キャリアの垣根を越えた相談窓口としてサービスを行っていきたい」(新川氏)とした。

■スマホにまず触れる。文字入力はしないスマホ体験会

130117_snm_02_960

続いて、実際にスマートフォンを持っていない60歳前後の参加者を交えて行われた体験会をレポートする。今回は、スマートフォンを検討、もしくは興味を持っているが、実際にスマートフォンを利用していないシニア層向けの講座内容で、まずはスマートフォンに触れてどんな事ができるのかを実際に体験してもらおうという超初心者向けのまさに“体験会”といった内容だった。

130117_snm_03_960

タイムスケジュール

130117_snm_04_960

スマートフォンについて解説
最初の10分ほどで、スマートフォンについての基本的な説明が行われた。スマートフォンを利用するユーザーでも間違った認識をしていたり感違いしていたりする内容を含め、AndroidとiPhoneの違いなどを簡単に分かりやすい説明がされていた。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会