体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界の図書館10選】SF風から「ハリー・ポッター」ロケ地まで、一度は訪れてみたい“個性派”ばかり!

それぞれの国の“知”を象徴する図書館は、そのユニークな建築や貴重な収蔵物を目当てに、世界中から観光客が集まる。今回は、トリップアドバイザーの情報をもとに、SF風の近未来的な図書館から映画「ハリー・ポッター」のロケ地まで、一度は訪れてみたい世界の有名図書館をご紹介する。

・「ヴァスコンセロス図書館」(メキシコ/メキシコシティ、トップ画像)
メキシコを代表する建築家、アルベルト・カラチがデザインしたこの図書館は、書架を天井から吊るすという斬新なもので、まるでSF映画のような空間が広がる。

・「ストラホフ修道院図書館」(チェコ/プラハ)
プラハで最も長い歴史をもつ修道院の図書館で、フレスコ画で美しく装飾された「哲学の間」と「神学の間」から成る。修道院から見下ろすプラハの街並もすばらしい。

・「オックスフォード大学 ボドリアン図書館」(イギリス/オックスフォード)
西洋史上では最古とされるイギリスの図書館。映画「ハリー・ポッター」シリーズのロケ地となったことでも有名。イギリスで出版される本はすべて納められている。

・「幻想図書館」(ブラジル/リオ デ ジャネイロ)
後期ゴシック様式で建てられた、教会のような図書館。壁面を覆う書架にはポルトガル語の古書4万5000冊が収蔵され、古い本の香りと荘厳な空間の中では、誰しもが“幻想”図書館たるゆえんを感じるはず。

・「ビクトリア州立図書館」(オーストラリア/メルボルン)
上部のドームからは自然光が入るため、屋内でありながら開放的な空間。放射線状に机と椅子が配置された「La Trobe Reading Room」 や、併設されたギャラリーや美術室が見どころ。

・「大英図書館」(イギリス/ロンドン)
いわずと知れた、イギリスが世界に誇る図書館。マグナ・カルタ(大憲章)のほか、ヘンデルやモーツァルトの直筆楽譜、ポール・マッカートニーの直筆によるビートルズの「イエスタデイ」の歌詞原稿も飾られている。

 

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。