体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頑丈+9.5時間バッテリー!世界最軽量コンパーチブルPCパナソニック「Let′s note AX2」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

デジタル・IT

昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップ画面だけでなく、iPadやAndroidなどの人気タブレット端末のように画面に直接タッチして操作できるタイル状の新しいインターフェイスが特長となっている。

タッチ操作ができる新OS「Windows 8」の特長を活かして、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表がPCメーカー各社から相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows 8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、パナソニックから発売されたUltrabookとしてもタブレットとしても利用できる頑丈設計、1台2役のハイブリッドモバイル「Let’s note AX2」を紹介しよう。

■頑丈さと軽さを両立させたレッツノート初のコンパーチブルマシン
Let’s note AX2はレッツノートシリーズとして初のコンパーチブルマシンとなっており、ノートPCの性能も持ちながらタブレットとしても利用できる。

レッツノートシリーズの特長である頑丈設計を継承し、一般的な机の高さと同じ76cmからの落下試験や、通勤ラッシュなどの満員電車を想定した100kgf加圧振動試験を実施しており、頑丈なボディを実現している。

また、マグネシウムとアルミを融合させて形成されたボディ素材を利用することで、コンパーチブルPCにおいて世界最軽量となる約1.14kg、薄さ約18mmのスリムボディも実現。頑丈さと軽さを両立しており、いつも持ち歩くモバイルPCに最適だ。

121218_letsnote_02_800

ノートPCモードでの利用

121218_letsnote_03_800

360度ディスプレイを回転させればタブレットモードとなる

121218_letsnote_04_800

ノートPCモードでの本体正面

■長時間外出時も安心!バッテリーのホットスワップ機能にも対応
モバイルPCとして重要なのはボディの軽さ丈夫さだけでなく、駆動時間も大切だ。Let’s note AX2は内蔵バッテリーと取り外し可能なバッテリーで約9.5時間の駆動を実現している。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会