ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KONISHIKI、相撲界の驚くべき金銭事情を明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ東京「解禁!暴露ナイト」(24日深夜放送)では、「KONISHIKI登場!相撲界を大暴露」として、元大相撲力士(最高位は大関)で現在はタレントとして活躍するKONISHIKIが角界の金銭事情を語った。

「給料安い。今の幕内の給料が、僕が大関の時に貰っていた100万円くらい。でも、安いの。本当に生活大変」と切り出したKONISHIKI。月給100万といえば、高給のようにも感じられるが、KONISHIKIが「僕たちは着物を着るけど、安くても一つ30万円」と話すように、力士は階級によって身につけるものが決まっているため、これだけでも大変な出費になるという。

だが、力士には給料以外にも幾つかの収入源がある。その一つが、取り組みで勝利した力士に贈られる懸賞だ。KONISHIKIは「僕の時代は、どんな幕内力士でも(懸賞は)必ずあった。でも、僕が辞めた頃、多分若貴の時代が終わるまであったけど、ほとんど少ない。大関、横綱にほうに全部行ってる。一つ3万円だから、白鵬出て15連勝して、大体一日に20枚近くあるから、3万円を掛けて、15日だから結構いい金額。給料より高い」と説明、自身の現役時代については「僕も200万近く貰っていた。一番いいときに。僕はよくね、一番最初に勝ったやつは、持って帰って、若い衆に“せーの”って投げるんだよね。お寺の中に。みんなで取り合いするの」と明かした。

さらに、番組では、これ以上の収入源としてタニマチ文化を紹介した。タニマチとは、力士を応援する後援者のこと。KONISHIKIは「当時のタニマチは半端じゃないんだよ。金ある人は、お相撲取りと一緒に歩かないと金持ちじゃないっていうイメージがあった」と語り、「たとえば、向島の芸者がいる街。貸切で一人の芸者呼ぶために幾らか分からないけど、10人くらい呼ぶのね。食べる量は相撲さんに合わせてくれる。金額は半端じゃない。若い衆と食事行くじゃないですか。70万かかる。普通のタニマチは、相撲取りを一回連れて行ったら、ビビッて。私たちは(そういうタニマチを)小皿っていうのね。びっくりして、二度と連れていかれない」というエピソードを披露。過去に貰った一番高価なものを訊かれると、「キャッシュで・・・」と、指を2本伸ばしてみせた。

その額はなんと2億円。KONISHIKIは「(相手は)土地持ってる人。将来相撲界に残って、親方になるために、今のうちに親方株を買いなさいって」と話し、年寄名跡(年寄株)の売買に必要な資金提供を受けたことを告白。その2億円については、「僕が大阪から持って帰ってきました。三越の袋で」と笑って話した。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7349173/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP