ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GooglePlayやAmazonアプリストアに無許可の『ドラゴンボール』や『ドラえもん』ゲームが登場! しかも無料

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『Amazonアプリストア』と言えば『Kindle Fire』ユーザーのためのアプリストア。『Amazon アプリストア』アプリをダウンロードすればAndroid端末でも利用可能となる。そんな『Amazonアプリストア』にとんでもないアプリが見つかったので紹介したい。

今回見つけたアプリの名前は『Dragonball』と『Draemon』というなんとも直球な名前のアプリ。これらのアプリはアクションゲームで、先ほど紹介した『Amazonアプリストア』から無料でダウンロードできるほか、Androidの『GooglePlay』からもダウンロード可能となっている。

さて、このアプリは権利的に大丈夫なのだろうか? どちらのアプリも著作権表示らしきものが一切見当たらないが……。ゲームとしてはエミュレーターではなくイチから制作しているようである。『Dragonball』の方はオーソドックスな対戦アクションゲームで、オリジナルのストーリーに沿って進行していく。ヤムチャ、クリリン、そして天下一武道界という懐かしいストリーを楽しむことができる。

『Draemon』の方は横スクロールのアクションゲーム。ストーリーは『劇場版のび太の恐竜』を元にしている。道具を駆使してゴールを目指すというもの。


このアプリを製作しているB-Gateという会社を調べたところ、どうやらベトナムの会社のようである。『ドラゴンボール』や『ドラえもん』以外にも、『ポケモン』や『マリオ』、『TMNT』といった人気キャラクターのアプリを出している。しかしどれもが怪しい物ばかり。どれも無許可で製作されたものだろう。

今回Androidの『GooglePlay』と『Amazonアプリストア』にて発見されたが、『Amazonアプリストア』の方は一応アマゾンの審査を通った物である。なぜこのような作品が審査を通るのか不思議である。『AppStore』の審査のいい加減さも過去に取り上げてきたが、『Amazonアプリストア』もかなりザルである。

『GooglePlay』に至っては審査がなく、無法地帯と化している。Googleは『GooglePlay』の無法地帯を打破するために審査を厳格化すると発表した。しかしそれもむなしくいまだに無法地帯は続き、偽物アプリや今回のように著作権無視アプリがリリースされている。

B-Gate CORP.(真ん中のタブをクリック)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP