ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米フェス〈コーチェラ〉ラインナップ発表! 復活ジュラシック5、スカパラら出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


東京スカパラダイスオーケストラ

 

US最大級の音楽フェス〈Coachella Valley Music And Arts Festival〉の2013年度の出演ラインナップが発表された。

今年は4月12日から14日、同月19日から21日の2度開催される〈コーチェラ〉。12日と19日はストーン・ローゼズとブラー、13日と20日はフェニックス、14日と21日はレッド・ホット・チリ・ペッパーズがヘッドライナーを務める。そのほかにもルー・リード、ニュー・オーダー、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ、ジョニー・マーといったヴェテラン勢をはじめ、ヤー・ヤー・ヤーズ、モデスト・マウス、エックス・エックス、シガー・ロス、ホット・チップ、グリズリー・ベア、ヴァンパイア・ウィークエンド、ソーシャル・ディストーションなどの人気バンドから、ベースネクター、フォー・テット、ナイフ・パーティー、シミアン・モバイル・ディスコ、リッチー・ホウティン、ジェイムス・ブレイク、ロニ・サイズといったダンス・ミュージック系のアーティスト、ウータン・クラン、2チェインズ、ダニー・ブラウン、エル・Pらヒップホップ系のアクトまで、総勢100組以上の参加が決定している。

なかには、2007年に活動を停止したジュラシック5や、先日に活動再開をアナウンスしたポスタル・サーヴィス、2011年に解散したニック・ケイヴ率いるグラインダーマン、フォーキーなサウンドと社会派なメッセージで支持を集めたヴァイオレント・ファムズ、80年代に活躍していたインディー・バンドのスリー・オクロックなどもラインナップに名を連ねており、このフェスへの出演を皮切りに本格的に復活することになりそう。また、日本から東京スカパラダイスオーケストラも参加する模様で、海外でも評価の高い彼らのパフォーマンスが〈コーチェラ〉のオーディエンスを盛り上げることは間違いないだろう。出演アーティストの全貌が知りたい人は、いますぐ同フェスのオフィシャルサイトをチェックしよう!

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP