ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタイリッシュでかっこいい!高音質とポータビリティーを両立したワイヤレススピーカー「Xシリーズ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニーは、中高域の再現において高い能力を発揮し、薄型化にも貢献する磁性流体(Magnetic Fluid)サスペンション構造のスピーカーユニットを採用した「SRS-BTX500」など高音質とポータビリティーを両立したBluetooth(R)対応ワイヤレススピーカー「Xシリーズ」2機種を発売する。

■「Xシリーズ」
型名:ワイヤレススピーカー「Xシリーズ」
    『SRS-BTX500』
発売日:2月21日
価格:オープン価格
カラー:ブラック

型名:ワイヤレススピーカー「Xシリーズ」
    『SRS-BTX300』
発売日:2月21日
価格:オープン価格
カラー:ブラック、ホワイト

両機とも、薄型でも高品位な音質を奏でるため、高い基本性能を実現する筺体設計を施している。サブウーファーユニットの低域エネルギーを効果的に共振させる新規開発のパッシブラジエーターや、高剛性繊維強化樹脂を採用したフロントキャビネットにより、薄型ながらキレの良い存在感のある低域を再現。加えて、ソニー独自の高音質フルデジタルアンプ“S-Master”を採用している。

また、従来のBluetooth(R)によるワイヤレスでの音楽再生に加え、NFC(Near Field Communication)によるワンタッチリスニング機能にも対応。対応スマートフォンなどをかざせば、設定(ペアリング)を意識することなく簡単にBluetooth(R)の接続が行え、音楽や通話を楽しめる。また、リチウムイオン内蔵充電池を搭載し、最大約8時間(※1)の長時間連続再生に対応している。

ホームページ

外部サイト

スタイリッシュでかっこいい!高音質とポータビリティーを両立したワイヤレススピーカー「Xシリーズ」
カーボンナノチューブでできた強靱な人工筋肉【サイエンスニュース】
使用頻度の高い電子レンジは時短がポイント【間違った節電術に要注意】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7348800/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP