ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フルHDの次はUltra HD フルHD解像度より高い解像度は4Kからどう変化した?【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラスベガスの世界最大規模の家電ショーCES 2013のテレビ関連で話題になったのが、フルHDを超える解像度の4Kだ。この4Kは日本では「ヨンケー」と読む。フルHDの1920×1080の解像度と比較してちょうど2倍、1920×2=3840、1080×2=2160で、16:9のアスペクト比で3840×2160の解像度になる。3840を四捨五入すると4000、4に千を意味するKを加えて「4K」が誕生した。

しかし、一般の利用者にとってフルHDや4Kと言われて、ピンとくる人は、ほとんどいないだろうし、フルHDより高画質な解像度の呼び名が「4K」では、さらにわかりにくいだろう。そんな事もあってかどうかはわからないが、4Kのことを「Ultra HD」と呼ぶようになっていた。CESの展示会場で各社の4K対応製品には必ず「Ultra HD」という表記があった。業界全体で次の高画質テレビの解像度を「Ultra HD」と呼ぶのは会場を歩いているだけで誰でもわかる。

これは、CESの主催団体で、アメリカの家電団体である「Consumer Electronics Association」(CEA)が2012年10月の時点で4KをUltra HDを呼ぶことを公表していたからだ。

HD(High Definition)以前の画質はSD(Standard Definition)で、従来の「スタンダード」(Standard)からその上の「ハイ」(High)へと名称もわかりやすかったと思う。SDよりも高精細なのがHDで、HDには1366×768ドットなどの解像度もあるが、HDの最大解像度である1920×1080ドットをフルHDとしたのも、消費者にとってわかりやすかったのだろう。

しかし、フルHDの上が4Kでは消費者にとってわかりにくい。そんなところを予見してか、4Kが本格的に普及する前に、業界団体としてわかりやすい名称のUltra HDという名称をアナウンスしたのだろう。

以上はディスプレイとしての話だが、テレビ放送に関してもITU(国際電気通信連合)が2012年5月に4Kや4Kの次の8KについてUHDTV(Ultra HD TV)と呼ぶことなどを公表している。

しかし、日本ではNHKがHDをハイビジョン、8Kをスーパーハイビジョンとして開発している。ハイビジョンという名称は日本でしか使われていないが、今後もNHKは8Kなどをスーパーハイビジョンと呼んでいくのだろう。

ユーザーが実際に購入できるテレビなどの製品に関しては、東芝やソニーなど、日本が世界的に先行しているが、まだ高価なこともあり名称が一般的に普及しているわけではない。

日本で4KをUltra HDを表記すると決まったわけではない。また、きつい・汚い・危険を意味する「3K」という言葉が日本にはあり、それにもう1つのKがついたような悪いイメージを持つ人もいるようだ。

ただ、海外での普及や客観的に見てもHDよりも高画質だとわかりやすい「Ultra HD」という名称を、日本でも使うようになるのは時間の問題ではなかろうか。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

外部サイト

Windows 8を外部モニターに拡張する【知っ得!虎の巻】
ライトも充電も本格派 高輝度LEDライトを内蔵する大容量モバイルバッテリー【イケショップのレアもの】
オシャレを極めたいなら、押さえておいて損はないメンズファッション通販

(http://news.livedoor.com/article/detail/7349121/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP