体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日発売!カラフルイルミや1310万画素カメラ、充実の国内向け機能が魅力のドコモスマホ「AQUOS PHONE EX SH-04E」を写真と動画でチェック【レポート】


AQUOS PHONE EX SH-04Eをフォト&ムービーで紹介!
既報通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」の発表会を行い、LTE規格の次世代高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」やスタイリッシュで上質なデザインに1.5GHzクアッドコアCPU、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線などの“全部入り”とも言える機能を搭載し、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を採用したスマートフォン「AQUOS PHONE EX SH-04E」(シャープ製)を2013年1月25日(金)に発売開始することを発表した。

docomo with seriesながら充実した機能を備え、大容量2000mAhバッテリーを搭載したスタイリッシュスマートフォンとなっている。

同発表会の展示会場においてAQUOS PHONE EX SH-04Eの展示機を試すことができたので写真と動画で紹介する。

130122_sh04e_02_960

本体正面。左から「Black」「Pink」「White」

130122_sh04e_03_960

本体背面
AQUOS PHONE EX SH-04Eの特長としては、高級感溢れるデザインを備えつつ、約4.5インチディスプレイによって横幅64mmと大型化するスマートフォンの中では小さめのサイズを保持したことで、使い心地抜群の持ちやすさを実現している点となる。

特に、デザインは、ボディやガラス、側面を飾るクリスタルフレームの3つのカーブラインが溶け合う優美な外観となっているのだ。全体的には丸みのある持ちやすいラウンドデザインとなっている。ボディーカラーは、Pink(ピンク)およびWhite(ホワイト)、Black(ブラック)の3色展開となる。

サイズは、大きさが約128×64×10.9mm、質量が約145g。ディスプレイは4.5インチHD(720×1280ドット)S-CG Silicon TFT液晶(1677万色表示)を採用。冬モデルの「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」で採用された非常に消費電力が小さい新世代ディスプレイ「IGZO(イグゾー)」こそ採用されていないが、高い省エネ性能と鮮明・繊細な画質を両立したS-CG Silicon液晶システムを採用している。このディスプレイは、実物に近い自然な色を再現する「ナチュラルカラーモード」に対応。

130122_sh04e_06_960

本体下部のイルミネーション
さらに本体下部の透明フレームの中央に浮かび上がる色鮮やかに輝くイルミネーションもAQUOS PHONE EX SH-04Eの特長のひとつとなっており、端末下部に着信などを知らせるためのLEDが配置されていて、これまでのケータイ(フィーチャーフォン)にあったようなキラキラと光るイルミネーションが楽しめる。

1 2 3 4 5次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy