体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライトも充電も本格派 高輝度LEDライトを内蔵する大容量モバイルバッテリー【イケショップのレアもの】

モバイルバッテリーに求められる要素は、人によってさまざまだろう。小さく軽く持ち運びしやすいことを重視する人もいれば、重くても大容量であることを優先する人もいるだろう。また、充電先もAndroidスマートフォンだけと考える人から、iPhoneやiPadなど様々なスマートフォンやガジェットを充電したいと思う人もいる。

モバイルバッテリーは文字通り電池なのだが、充電しかできないと使う用途が限られるだけに、カバンが重くなるだけでつまらないと思う人もいる。特に海外の人は、そう思う人が多いようで、海外のモバイルバッテリーには、オマケ機能としてLEDフラッシュライトを搭載しているモノが非常に多くある。

バッテリー消費をできるだけなくしたいのに、なおかつバッテリー切れの時のためのモバイルバッテリーなのに電気を消費するライトが付いているというのは、なにやら本末転倒な気もするが、そこは消費電力の少ないLEDを採用しているので心配はないのだろう。

そうはいっても、夜に足元を照らす程度なら十分役に立つので、ライトを常用していなくても、いざという時や暗がりでさがし物をするときに、これが意外と重宝したりする。

今回紹介する「Power Torch External Battery Power Bank 5200mAh」は、5200mAhの容量を持つモバイルバッテリーなのだが、その名にある「Power Torch」という言葉、パワフルな松明(たいまつ)と解釈するとわかるように、フラッシュライトを内蔵している。このライト、オマケ程度ではなく110ルーメンというかなりの明るさなのだ。つまり市販されている本格的な高輝度LEDフラッシュライトと同レベルの明るさを実現した代物なのである。

試しに110ルーメンでインターネットを検索してみるといい。アウトドア用、自転車用、警察や公的職員向けのLEDフラッシュライトがずらっと検索結果に表示される。それだけ本格的な明るさを持っていることが理解できるだろう。いわば高輝度LEDフラッシュライトにモバイルバッテリー機能が付いたと言い換えたとしても通じる明るさなのだ。しかも、そのバッテリー容量の恩恵により24時間以上の連続点灯が可能という。

そうは言っても、基本はモバイルバッテリーであり、5V2Aの高出力が可能なのでAndroidスマホやiPhone系スマホだけでなくiPadまで充電することが可能だ(iPadは約40%まで充電可能)。

■ポケットにすっぽり入るコンパクトサイズ
この製品、長さが約12センチ(118ミリ)、幅が約4センチ(41ミリ)で厚さ2.5センチ(25ミリ)と細長いスティックタイプになっている。重さは165gと軽いので、上着のポケットに入れておいても邪魔にならないだろう。110ルーメンという明るさなので、光が人の目に当たると思わず手をかざしたくなるほどだ。女性ならバッグに放り込んでおけば、イザというときの非常灯代わりに利用できる。

ライトも充電も本格派 高輝度LEDライトを内蔵する大容量モバイルバッテリー【イケショップのレアもの】リフレクター付きで110ルーメンという高輝度LEDフラッシュライト搭載。 ライトも充電も本格派 高輝度LEDライトを内蔵する大容量モバイルバッテリー【イケショップのレアもの】iPadを約40%まで充電することが可能だった。

■側面のUSBポートから電源供給
本体側面にはUSBポートとmicroUSBポートが用意されている。USBポートのほうは5V2Aの出力が可能だ。バッテリーの容量は5200mAhなので、一般的なスマホであれば2回程度は満充電することができるだろう。出力的にはiPadも行けるので、試しに充電してみたところ、約40%まで充電することができた。なお、もうひとつのmicroUSBは、バッテリー本体への充電を行う端子で、PC等のUSBポートを電源にできるのでお手軽だ。これには添付されているケーブルを利用する。本体の上部に丸いボタンが設けられており、その上にあるLEDによって残量が確認できるようになっている。

ライトも充電も本格派 高輝度LEDライトを内蔵する大容量モバイルバッテリー【イケショップのレアもの】側面にUSBとmicroUSBポートが設けられている。

■3種類のコネクターを交換できるケーブルが付属
本体以外にUSB充電ケーブルが付属している。このケーブルの先が交換できるようになっておりiPhone用30ピンコネクター、microUSBコネクター、miniUSBコネクターの3種類のコネクターを交換して使えるようになっている。サムスン向けの特殊30ピンケーブルやLightningケーブルは付属していないので自前のケーブルを使う必要がある。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。