体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

au唯一の春モデル『INFOBAR A02』発表会レポート

au唯一の春モデル『INFOBAR A02』発表会レポート

KDDIは1月24日、au春モデルのAndroidスマートフォン『INFOBAR A02』の発表会を開催しました。au唯一の春モデルとなる同機種の発表会の模様をレポートします。

『INFOBAR』の歴史

KDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。2001年にコンセプトモデルを発表、その後携帯電話で『INFOBAR』『INFOBAR 2』、スマートフォンで『INFOBAR A01』『INFOBAR C01』と発売してきた歴史をひもときます。そのデザイン性が注目される『INFOBAR』ですが、同氏によると「ケータイの世界にデザインを取り込むということではなく、お客様に新しい選択肢を提供するのがコンセプト」であることを明らかにしました。

「情報への接続をシンプルに、リアルに」「情報の見え方を自分らしく、自由に」を実現

今回「新しい選択肢」として提供する『INFOBAR』は、「情報への接続をシンプルに、リアルに」「情報の見え方を自分らしく、自由に」を実現するために、「情報との向き合い方をデザインする」のがコンセプトであることを発表。「写真」「友達」「音楽」をキーワードに、そのコンセプトを解説していきます。

写真

「写真」では、ホーム画面に自分の好きな写真をレイアウトできる機能を紹介。本体やクラウドに保存した写真をランダムに入れ替えて表示する機能もあり、ホーム画面を見るたびに違う写真が現れる驚きを提供します。

友達

「友達」では、アドレス帳からホーム画面に友人を貼り付けて、直接電話をかけたりメール、メッセージを送れる機能、『Facebook』『Twitter』のタイムラインを一定時間ごとに更新して表示する機能を紹介します。

音楽

「音楽」では、お気に入りのアルバムやプレイリストをホーム画面に貼り付けて、すぐに聴ける機能を紹介。

ホーム画面を自分の好みにカスタマイズして、それらが更新されることで「本当に近しい感じ」(田中氏)を演出していることをアピールしました。

スペック

スペックは、OSにAndroid 4.1、1.5GHzのクアッドコアCPU、約4.7インチのHDディスプレー、2100mAhの大容量バッテリーを搭載。4G LTE、テザリング、防水・防じんに対応するほか、製造を担当するHTCが『HTC J Butterfly』で採用したF2.0の明るいレンズ、超広角のフロントカメラといったカメラ機能を実装します。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy