ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Verizon、Droid RAZR Mの新色ピンクを発表、米国時間1月24日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Verizonがバレンタインデーに向けて準備していると噂されていた「Droid RAZR M」のピンクカラーが正式に発表されました。ピンクカラーは米国時間1月24日よりVerizonの直販サイトと実店舗を通じて発売されます。Droid RAZR Mは、厚さ8.3mmの薄型ボディに、4.3インチ960×540ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載したLTE対応スマートフォン。ソフトバンク経由で販売されている「RAZR M 201M」の米国モデルで、既にAndroid 4.1(Jelly Bean)へとアップデートされています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、外部メモリはmciroSD/microSDHCに対応します。カメラは背面に800万画素CMOS、前面に30万画素CMOSを搭載。通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0+EDR、DLNA、NFC、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)、CDMA(800/1900MHz)、LTE 700MHz、に対応。Source : Verizon



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、5インチ大画面スマートフォン「Galaxy Grand」韓国版を発表
ヤフー、Android版「話題なう」をv2.0にアップデート、注目度の高い画像・動画・WEBサイトを表示する「ひまつぶし」メニューを追加
KDDI、INFOBARスマートフォン新機種「INFOBAR A02」を発表、4.7インチHD液晶・クアッドコアCPUを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP