ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨大市場にあえて挑戦したいなら、マクロミルで中国市場の事前調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

つい先日、元首相が中国を訪問し、日本政府としては元来存在していないとしてきた日中間での領土問題(尖閣諸島、中国名:釣魚島の領有権問題)が存在すると発言したり、太平洋戦争時に旧日本軍が起こしたとされる南京での虐殺に関して「責任を感じる」と発言したりと、色々と物議を醸したことは記憶に新しい。

特に2012年の尖閣諸島の国有化問題では、中国に進出している日系企業が多大なダメージを受けた。連日の抗議運動によって工場は破壊され、飲食店やショッピングセンターのウィンドウは割られ、ひっくり返された日本車が燃やされ…といった映像が世界を駆け巡った。

日本企業が危険を避けるために中国側に立った発言の垂れ幕を掲げれば、今度はその企業のHPが炎上して国内で大きく叩かれるなど、中国に進出している企業は、踏んだり蹴ったりという様相であった。■情勢は理解しているものの、やはり市場規模の魅力は大きい
しかし、こうした情勢だからといって中国から完全撤退をした大手企業はない。それは、今後の展開次第では、まだまだ魅力のある市場であると考えていることの証と見ていいだろう。日本と中国の間で何か起きるたびにオロオロしていたら、せっかくのビジネスチャンスを無駄にしてしまうと考えているはずだ。

そうは言っても無計画に中国に進出し、問題が起きたときにターゲットにされて大きな損害を被ってしまうのは絶対に避けたいところだ。そうした面で大きく役に立ってくれるのが、マクロミルの中国市場調査だ。

■中国市場の知りたいことがわかる「マクロミルの中国市場調査」
例えば、同じ中国でも昨年の抗議運動の影響を受けなかった都市などもあったようで、そうした地域に最初に進出することでリスクを避けることができる。そのような地域はどこなのか、現状はどうなっているのか、といったことを調査するのにマクロミルはうってつけなのだ。

マクロミルチャイナではネットリサーチに限らず、デスクトップ調査・オフライン調査、そしてオンラインデプスインタビューなど、マーケティングプロセスごとに様々な中国リサーチを提供している。

顧客が出してくる、認知度やブランドイメージといった課題に応じて、中国事情を踏まえた上で最適な市場調査方法を提案してくれるのだ。

■回答に矛盾がないかの品質チェック、さらにはオンラインインタビューも
マクロミルの中国市場調査ではアンケートの各質問に対する回答内容に関して、品質検証を行っている点も見逃せないポイントだ。

質問に対する回答に矛盾がないかといった回答矛盾率チェック、自由回答(FA)の内容を吟味するFA内容チェックといった厳格な品質検証を行っている。それをパスしたパネルのみが登録されており、その数実に500万人以上を誇る。

また、Webカメラやカメラ付きPCを保有しているアンケート会員に対して、インターネット経由でダイレクトにやり取り可能な「オンラインインタビュー」でアンケートを行うことも可能だ。

■日中の事情をよく知る優秀なスタッフによるきめ細かいサポート
何よりも頼もしいのが中国市場調査に関わるスタッフ全員が、日本語と日本文化にも詳しいことだ。現地スタッフは日中間の複雑な事情を汲み取った上で、調査目的に適した対象者条件・質問文・選択肢の確認やアドバイス、そして適切な翻訳業務も行ってくれる。また現地調査の一貫として、中国の流行スポットへの同行サポート等も対応できる。

2013年はまだ始まったばかり。今年こそ中国への進出を考えている、または、すでに中国に拠点を構えていて、今後の方向性を模索しているのであれば、まずはマクロミルの中国市場調査を利用してみることをおすすめしたい。

[PR企画]

中国市場調査(中国リサーチ) | マクロミル
マクロミルの記事をもっと見る

外部サイト

ZENBOOKがタッチ対応にAMD搭載モデルも! ASUSが新型ノート2モデル発表
Ustreamで最も面白い番組は!?「Ustream大賞2012」でノミネート20番組を発表
快適だった北米のLTE  ベライゾンの4G Wi-Fiルーターはおススメ!【デジ通】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7345746/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP