ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、au向けの4G LTE対応Android 4.1スマートフォン「INFOBAR A02」を2013年春モデルとして発表!予告通りのハイスペックなデザインスマホはHTC製

DATE:
  • ガジェット通信を≫


INFOBAR A02が発表!
KDDIおよび沖縄セルラーは24日、2013年春に発売予定の新モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を発表した。

都内では14時から「INFOBAR発表会」を開催、専用サイト「INFOBAR発表会|au」にてライブ配信が行われている。

A02は、昨年、2012年冬モデルを発表した際にチラ見せされていたが、ほぼ予告通りの仕様で登場した。

高速通信規格「LTE」によるauのデータ通信サービス「4G LTE」に対応、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)を搭載し、CPUに1.5GHz駆動のクアッドコア、ROMは16GB、RAMは1GB、本体サイズは、約70(W)×138(H)×9.7(D)mmで、搭載するバッテリーは2100mAh、カメラは約800万画素のメインカメラと約210万画素のサブカメラを搭載する。

そのほか、NFC( Near Field Communication)、ワンセグ視聴および録画機能、赤外線通信機能、IPX5/IPX7等級の防水性能などを備える。

また操作感は、有機的で柔らかなアニメーション効果が施され、自分の好きな人/写真/音楽/書籍を配置してホーム画面を自分仕様にすることも可能。一定時間ごとに更新されるフォトアルバムやFacebook/Twitterのパネルを配置すれば見るたびに新鮮なホーム画面を実現できる。左サイドのファンクションキーを押すと、写真/音楽/動画/書籍など様々なコンテンツに素早く確実にアクセスすることが可能になっている。

INFOBARシリーズは、同社のデザインケータイシリーズとして最も人気かつロングセラーとなるモデルで、従来型の携帯電話では、鳥取三洋電機が、スマートフォンになってからは「INFOBAR A01」(以下、A01)「INFOBAR C01」(以下、C01)の2モデルが発売されたがいずれもシャープが製造メーカーだった。

しかし、今回のA02ではINFOBARとしては初めて海外メーカーとなるHTCが製造メーカーとなる。そのため、カタログスペックではHTC製の冬モデル「HTC J butterfly HTL21」(以下、HTL21)に近い仕様となっている。

メーカーがHTCにはなったものの、これまでのA01やC01同様にINFOBARらしいホーム画面をはじめとする世界観は継承されている。逆に「HTC J ISW13HT」やHTL21で特長的だったクオリティの高いカメラ機能や音楽や動画を楽しめる機能なども継承されることになる。

本体のカラーバリエーションは「NISHIKIGOI」「ICE GRAY」「AOAO」の3色展開。

■主な仕様

(http://news.livedoor.com/article/detail/7345176/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP