ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーズ・ヴォルタからセドリックが脱退発言、オマー新バンド結成が原因か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


マーズ・ヴォルタ(写真左がセドリック・ビクスラー・サヴァラ)

USのロック・バンド、マーズ・ヴォルタのセドリック・ビクスラー・サヴァラが、自身のTwitterアカウントでバンドからの脱退を報告している。

本日1月24日、セドリックは脱退に関するメッセージを連投。アット・ザ・ドライヴ・インやデ・ファクトなど、マーズ・ヴォルタ結成以前から活動を共にしてきたオマー・ロドリゲス・ロペスの新バンドであるボスニアン・レインボウズの名前を挙げ、「俺は頑なに(バンドを)続けようと試みた。けれど、すべての代わりに得たものがボスニアン・レインボウズだったんだ。ここに座り、これ以上続けるふりなんかできない。もはやマーズ・ヴォルタのメンバーではいられないよ」「悲しいけれど、終わったんだ」と、その心境を語っている。なお、現在のところマーズ・ヴォルタやオマー側からのコメントは発表されていない。

マーズ・ヴォルタは昨年3月に最新アルバム『Noctourniquet』を発表。セドリックとオマーは、再結成したアット・ザ・ドライヴ・インのメンバーとして7月の〈FUJI ROCK FESTIVAL’12〉に出演していた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP