ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天才スキージャンパー=高梨沙羅が抱える意外な悩みとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本が誇る天才スキージャンパー=高梨沙羅。まだ10代の後半に差し掛かったばかりの少女は、昨年3月のスキージャンプW杯で日本選手初の優勝を飾り、はやくも日本のエースとして世界中から注目される身となった。

だが、昨年12月、高梨は公開練習のジャンプ着地時、バランスを崩して前のめりに突っ伏す形で転倒、救急車で搬送されている。高梨に何があったのか――。TBS「NEWS23クロス」(23日放送)では、「高梨沙羅(16)の意外な悩み」と題し、ドイツ遠征の高梨に密着した様子を伝えた。

ドイツの女子ジャンプ・バウワー監督が、同番組のカメラに対し「沙羅はマシンのようだ。機械のように同じフォームで飛べるから不調になることもない」と語る通り、高いレベルで安定した成績を残せることこそ、高梨の強みとなっているが、意外すぎる彼女の悩みとは、なんと“飛びすぎる”ことにあるという。

飛距離を競う競技のため“飛びすぎる”ことは喜ばしいはずだが、実際のジャンプは、飛距離が出れば出るほど、着地する傾斜の角度が浅くなる。その分、着地した時の衝撃は強くなってしまい、この衝撃を受け止めるだけの身体が出来上がっていない16歳の高梨にとっては、大きな悩みになる。

「今、自分が一番注意しているのは・・・」。高梨が語りはじめたところで、ニュース速報が入り、同特集は終了となったが、すでに今年の女子ワールドカップ第5戦、第8戦で優勝を果たしているだけに、その改善は順調に進んでいるのだろう。他の選手とは違った悩みを抱える日本のエースが、1998年の長野五輪以降、メダル獲得がない日本スキージャンプ界の救世主となる。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7344276/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP