体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

眠っているプレステ機能を活用しよう!容量UPで本格的なテレビ録画マシンに!

今の時代、自宅の中はハイテク家電が百花繚乱のごとくあふれている。パソコンやスマートフォンはもとより、テレビを初めとして家庭用ビデオゲーム機もネットワーク機能を搭載している。

特にゲーム機は、先日、任天堂のWii Uが発売されたことでも記憶に新しいが、高性能ゲーム機といえば、鳴り物入りで登場したPlayStation3がある。

実は、PlayStation3はゲームのほかにもテレビ録画機能を追加できるので、その機能を眠らせていてはもったいない。ということで、一念発起、再活用に挑戦してみることにした。

PlayStation3は、別売のネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」を追加することで、テレビを録画するハードディスクレコーダーとして活用できるわけだが、問題がないわけではない。それはナスネの内蔵ハードディスクが500GBしかないことだ。

本格的に利用するには、さすがに記憶容量が心もとない。そこで、用意したのが、ナスネで使えるアイ・オー・データ機器のテレビ録画用ポータブルハードディスク「HDPC-UTNSシリーズ」だ。

早速、PlayStation3をゲームだけなく録画マシンとして再活用してみよう。

■PlayStation3はHDDレコーダーで使うとcool?
ナスネと「HDPC-UTNSシリーズ」を用意すれば、PlayStation3は、ゲーム機としてだけでなく、高性能なテレビ録画機に変身するのだ。

●ここでおさらい! ナスネって、そもそもなに?
ナスネは、500GBの内蔵ハードディスクを搭載したネットワークレコーダー&ストレージだ。

本製品は、地上デジタル/衛星デジタル(BS/110度CS)チューナーを搭載しており、ホームネットワークにつながっているさまざまな機器でのテレビ番組の視聴や録画が可能となる。

PlayStation3やPlayStation Vita、VAIO、Xperia Tablet / Sony Tablet、Xperia スマートフォン、Walkmanなどのナスネに対応した機器で、専用または対応アプリケーションを使うことでテレビ番組の検索や録画予約などが快適に利用することができる。
眠っているプレステ機能を活用しよう!容量UPで本格的なテレビ録画マシンに!左がナスネに増設できるハードディスク、右が「nasne(ナスネ)」

●ポイントはナスネの記録容量を増やすこと!
便利なナスネだが、しっかり使い切るコツが、記録容量だ。「HDPC-UTNSシリーズ」は、テレビ録画用小型ハードディスクで、ナスネをはじめとした、USBハードディスク録画対応のAV機器の番組録画など大容量データを保存することができる。

同梱の縦置きスタンドを使用すれば、AV機器の横にスッキリ収納できる。また出荷時にFAT32フォーマット済みなので、ナスネに接続するだけで、すぐに使うことができる。
眠っているプレステ機能を活用しよう!容量UPで本格的なテレビ録画マシンに!左が「nasne(ナスネ)」、右がハードディスク「HDPC-UTNSシリーズ」

■かっこいいPlayStation3のインターフェースでナスネを使おう
ナスネの使い方は、簡単だ。

まずは、ナスネに接続した「HDPC-UTNSシリーズ」を認識させよう。
ナスネに同梱されているインストールディクスより「torne(トルネ)」をインストールすれば、準備は完了だ。

メニューから「SETTING(セッテイ)」を選択する。
眠っているプレステ機能を活用しよう!容量UPで本格的なテレビ録画マシンに!

『nasne/「レコ×トルネ」設定』を選択する。
眠っているプレステ機能を活用しよう!容量UPで本格的なテレビ録画マシンに!

「nasne設定」を選択する。
眠っているプレステ機能を活用しよう!容量UPで本格的なテレビ録画マシンに!

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。