体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、春からの新生活のパートナーになる春モデルを用意!加藤社長が厳しい競争に対する新たな取り組みをプレゼンで紹介【レポート】


ドコモクラウドとドコモスマートホームで新しい世界へ!?
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、Androidスマートフォン9機種、Androidタブレット2機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計11機種を発表した。

新しく発表されたのは、スマートフォンでは、docomo NEXT seriesに「ARROWS X F-02E」「ELUGA X P-02E」「Xperia Z SO-02E」「Opmus G pro L-04E」「Ascend D2 HW-03E」「MEDIAS W N-05W」の6機種、docomo with seriesに「AQUOS PHONE EX SH-04D」「MEDIAS X N-04E」の2機種と合計8機種、ドコモタブレットでは「Xperia Tablet Z SO-03E」と「dtab」の2機種、モバイルWi-Fiルーターでは「HW-02E」の1機種だ。

また、先日発表されたスマートフォン for ジュニア SH-05E」を含めたスマートフォンおよびタブレット11機種とモバイルWi-Fiルーター1機種の合計12機種が2013年春モデルとして投入される。

そこで、今回は、発表会において行われたプレゼンテーションの内容を写真を交えながらじっくりと紹介していく。

■プレゼンテーション
NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫が登壇した。加藤社長は、まずはじめに「年があらたまってすでに22日、社長に就任してから早くも7ヶ月が経ち、非常に時が経つのが早く、まさに“光陰矢のごとし”といった感を持っている」と社長就任以降の状況を紹介。その中で「他社との競争環境も少し厳しい状況にあるため、ドコモとしては、この春モデルを契機にさらにがんばっていく」とした。

また、加藤氏は続けて「春といえば“出会い”、そして、物事が新しくはじまる季節である。この春、新しい生活をはじめる人もいるかと思うが、そういった新生活をはじめるこの時期にぴったりの機種を取り揃えた。」と語り、「快適に彩るパートナーでありたいということで、春モデルの新商品とドコモの新しい取り組みについて紹介する。」と2013年春モデルの概要を説明しはじめた。

13dcmspring_02_800

加藤氏によると「冬モデル全16機種を展開しているが、さらに、春モデルを投入する。春モデルは“スマートフォン for ジュニア”を含めてスマートフォン9機種、タブレット2機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計12機種」とのこと。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy