ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【トイフォーラム2013】大容量ライス搭載でおにぎりデバイスがアップグレード 『スマート飯(はん) MEGA』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今週はドコモの春モデル、auの新『INFOBAR』などスマートフォン新製品の発表が目白押し。そんな中、片手で食べられる“ランチウェア”として話題になったタカラトミーアーツの『スマート飯(はん)』もアップグレード製品が発表されました。大容量ストレージが売りの『スマート飯 MEGA』は4月の発売予定で、価格は1260円(税込み)です。


都立産業貿易センター台東館で1月23日から24日にかけて開催中のタカラトミーグループの商談会『トイフォーラム2013』に出展。筒状の本体を開いてご飯と具材やフリカケを入れて閉じ、食べるときはハンドルを回してご飯を押し出しながら、手を汚さずに片手で食べられるというデバイスです。


「MEGA」の名の通り大容量化したモデルで、容量は2倍にパワーアップしています。従来製品はプロモーション動画によると「ハンドロイド0.2G(飯0.2合)搭載」だったそうなので、0.4合まで搭載可能になっているようです。

Takara Tomy Arts Smart-han(YouTube)
http://youtu.be/lyGytdeTlsI


従来製品は「1食にはちょっと物足りないかも?」と思うボリュームでしたが、容量2倍で男性の1食分にも十分対応できます。キャップ部分にはおかずを入れるトレーが2層分用意されているので、スマートに充実したランチタイムを楽しめそうです。

従来製品は本体を持ってもう一方の手でハンドルを回す必要がありましたが、新製品ではテーブルの上に置いた状態でハンドルを回せる機能を採用。キャップを開けた後は完全に片手で食事ができるので、多忙なビジネスマン必携のデバイスとして注目されそうです。

片手で食べられるスマートなおにぎりデバイス『スマート飯(はん)』
http://getnews.jp/archives/245754

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP