体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

池田信夫のオープンソースについての誤解の誤解

池田信夫のオープンソースについての誤解の誤解

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

池田信夫のオープンソースについての誤解の誤解

ちょっと前に俺がリチャードストールマンをスールマンとタイプミスしたら、珍しく鬼の首をとったかのように、池田信夫に指摘された。

「池田信夫@ikedanob」 2013年01月08日 『Twitter』
https://twitter.com/ikedanob/status/288576811460358144

そんなくだらないタイプミスになにをムキになるのかと、驚いたぐらいだ。きっと、彼が唯一俺に反論できるチャンスだったんだろうなと思うことにしてるが(笑)。

さり気なく、自分はストールマンに会ったことがあるんだぞ、と自慢もしている。

「池田信夫@ikedanob」 2013年01月08日 『Twitter』
https://twitter.com/ikedanob/status/288577948339023874

   *   *   *

別件で検索していたら池田信夫は以前こんなエントリを書いてたのね。

「オープンソースについての誤解」 2007年05月20日 『池田信夫 blog part 2』
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292830.html

ちなみに俺もこれに反論している。すっかり忘れていたが。

「池田信夫 blog オープンソースについての誤解」 2007年05月20日 『メカAGブログ』
http://mechag.asks.jp/50902.html

まあこの頃はまだ池田信夫を(比較の問題だが)まともだと思っていたので、ジャブ程度に留めいているが。

   *   *   *

しっかし改めて読むと、池田信夫ってホントにオープンソースを理解してるの?と思ってしまう。

オープンソースの文化は、原理的に財産権の保護を基盤とする資本主義と矛盾するものであり、それが今まで大目に見られていたのは、サイバースペースで完結していたからだ。それが既存メディアを侵食し始めると、逆襲が始まる。P2PやYouTubeに対する攻撃をみても、私は梅田氏や茂木氏のようにオプティミスティックにはなれない。

まあオープンソースが資本主義と対立するものだというのは、彼の考え方だし、そういう捉え方もあるだろうからいいとして、後半。

「大目に見られてきた」って、なんかオープンソースが著作権を侵害しているような書き方だよね。本当は著作権違反なんだけど、見逃してもらっていた、みたいな。

言うまでもないがオープンソースのプログラムは著作権を侵害していないものだけで構成されている。

   *   *   *

またP2PやYouTubeを例に上げるのもよくわからない。P2PやYouTubeでしばしば著作権侵害のデータが出回っているのは事実だが、それとオープンソースがどう関係するのだろう?

最近は、IETFで決まる規格(RFC)も大部分はシスコなどの特許がからんで、「ITU化」したと揶揄されている。W3Cの勧告も、ほとんどマイクロソフトの開発したものだ(特許を認めるかどうかは論争中)。

rfcの規格にMicrosoftの提出のものが多いという話も、だからなに?と思ってしまう。規格に著作権も特許も及ばない。もちろん実装コードについては著作権や特許が及ぶ。gifやh.264のように特許に抵触しない実装方法が事実上ないものもある。しかしそれはまた別な話だ。IETFもW3Cも規格を決めるところ。

インターネットのさまざまな規格を決めることとオープンソースは直接は関係ないし、その中には特許が絡むものだってあるだろう。なに言ってんだろ、この人?規格とコードの区別もつかないのだろうか?

なんか池田信夫って根本的に勘違いしてるんじゃ?これでストールマンと話をしたことがあるとか、まるでストールマンの代弁者気取りなのは困るなぁ。オープンソースどころか、コードと規格とアプリ(youtubeやp2p)とその上で流ているデータ(著作権侵害のアニメとか)の区別がついてない様子。「オープンソースの真髄はストールマンしか語れない」とか言ってるけど、単に池田信夫がソフト開発について理解できなかっただけなんじゃ(苦笑)。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy