体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!
【マツダ自転車工場】

荒川区に工房を構え、LEVELのブランドとして知られるマツダ自転車工場。

どのフレームも一見シンプルでありながら、シンプル故に装飾での誤魔化しが効かず、

「ピッチリカッチリ」と音が聞こえてきそうな精密さが見て伝わってきます。

溶接時に生じる熱変形によるわずかな歪みも許さず、全体のバランスを整える芯取り作業こそ最も重要な作業と位置づけ、

その緻密さに対する熱意には「職人」という肩書きが実に相応しいです!

今回LEVELが展示したロードレーサーにはシンプルなのに、遊び心とも言うべきこだわりを垣間見る事が出来ました。

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

輝くポリッシュなフレームにピンクという大胆ながら主張し過ぎないデザイン。

しかし繋ぎ目部分をよくよく見てみると遊び心も静かに自己主張していることが分かります。

まずはヘッドチューブ。

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

ロウ付け跡をわざとそのままに、研磨し美しく仕上げています。

丁寧な仕事ぶりが文字通り目に見えます。

おつぎのシートチューブはラグレス。 横から見ると目立つ部分なのでシンプルな雰囲気を損なわない主張しないデザイン。

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

そしてBB周り。

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

ここはラグで繋いでいます。

3点すべて別々の繋ぎの見せ方をするという「技術に絶対の自信」を持っている事を感じさせます。

【細山製作所】

神奈川県に工房を構え、細山氏が脱サラして誕生した脱サラビルダーによる工房です。

レースよりもツーリングやスポルティーフ車のような速さよりも自転車の楽しさを

重視した作品が多く目が惹かれます。

今回はこの中でもっともハァハァ度が高かったのはこの一台!

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

どうよ!

なんて男心をくすぐる一台なのでしょう!

クラシカルでありながら、現代の機材をローカライズして取り入れ全くそれを感じさせません!

足回りを取り上げてみればまずはディスクブレーキ。

実用車がコンセプトという事もあり制動力が重視されており、特にツーリング時に雨天になったとしても、

変わらぬ制動力で安心に走る事ができます。

さらにハブについているのはシマノのアルフィーネ!

11段の内装変速のコンポーネントですが、前輪にもついているということは・・・そう! ハブダイナモ!!

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!

このハブダイナモを使い走りながら発電し、この自転車の特徴的とも言えるこの砲弾ライトにて夜道を照らします。

ハンドメイドバイシクル展2013に遊びに行ってきた!
1 2 3 4 5 6次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。