体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薄くて防水、そしてハイスペック!ソニーモバイルの「Xperia Tablet Z SO-03E」を写真でチェック【レポート】


加藤社長もイチオシです!
既報通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載するタブレット端末「Xperia Tablet Z SO-03E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2013年3月に発売予定であることを発表しました。

ソニーのAndroidタブレット端末としては第三世代、「Xperia Tablet」という製品名称では第二世代となるSO-03E。開発がソニー本体から、携帯電話事業を展開するソニーモバイルコミュニケーションズに移管していることが個人的な注目点……、なのですが、一般的には10.1インチ WUXGA(1920×1200ドット)のReality Displayや、LTE通信機能、モバキャス(NOTTV)チューナーなどを約6.9ミリ(最薄部)の筐体に収めてしまった上に防水・防塵であることが注目点です。

22日の発表会では、開発中の実機とともに、発売予定の周辺機器の一部が展示されていたので、写真を交えて紹介していきます。

薄くて防水、そしてハイスペック!ソニーモバイルの「Xperia Tablet Z SO-03E」を写真でチェック【レポート】

Blackの背面

薄くて防水、そしてハイスペック!ソニーモバイルの「Xperia Tablet Z SO-03E」を写真でチェック【レポート】

Whiteの背面。筐体カラーはBlackとWhiteの2色

薄くて防水、そしてハイスペック!ソニーモバイルの「Xperia Tablet Z SO-03E」を写真でチェック【レポート】

正面はいずれのカラーも黒縁に

筐体のカラーはBlackとWhiteの2色展開です。正面は、どちらとも画面の見栄えを重視してか黒く縁取られています。側面と背面がそれぞれの筐体のカラーとなっています。

薄くて防水、そしてハイスペック!ソニーモバイルの「Xperia Tablet Z SO-03E」を写真でチェック【レポート】

本体上部にはマイクと赤外線ポート。Whiteはポート部が目立つ

薄くて防水、そしてハイスペック!ソニーモバイルの「Xperia Tablet Z SO-03E」を写真でチェック【レポート】

AV機器などをリモコン操作できるアプリもプリインストール
本体の上部にはマイクと赤外線ポートが付いています。マイクはOS標準のIP電話機能やSkypeを始めとする音声コミュケーションアプリ、ボイスレコーダーアプリなどで使えます。

1 2 3 4 5次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会