ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本日スタートの「サロン・デュ・ショコラ」おすすめチョコ10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐバレンタインだが、この時期女性たちにとって定番のイベントが、「サロン・デュ・ショコラ」。毎年多くの人が押し寄せるこのチョコレートの祭典が、今日から28日までの6日間、伊勢丹新宿店で開催されている。今年も世界トップレベルの70以上のショコラトリー、ショコラブランドが参加しているが、今回は中でも特にオススメの商品10個を選んでみた!

<インパクト大の人気商品>
・ファブリス・ジロット「ウーズ・アール グラマー(5個入)」 (2625円、トップ画像)
26歳で、当時史上最年少のM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を取得し、最高のショコラティエの1人と評されるジロット氏のチョコ。昨年のサロン・デュ・ショコラで大好評を博した商品がパワーアップし、今年はさらにキュートな衣装で登場!

・オテル・デュ・キャップーエデンーロック「アソート カプセルショコラ(5個入)」(2730円)
不況で暗い世相を忘れ、楽しい気分を味わってほしいというメッセージが込められているこの商品。思いやりを詰めた2層のショコラのカプセルで、ビビッドなビタミンカラーもカワイイ!

・セバスチャン・ブイエ「ハローキティ ルージュ ア レーブル(1本入)」(1050円)
昨年大ヒットしたルージュのショコラがバージョンアップ。今年はキティちゃんの大好きなリンゴのフレーバーになっている。キティちゃんファンの女性への「友チョコ」としてオススメ!

・ジャン=シャルル・ロシュー「カルーセル ヘーゼルナッツ・プラリネ(405g・削り器付)」(6300円)
「ミッシェル・ショーダン」などの有名レストランでの経験を経て2004年に独立したロシュー氏のチョコは、何と削り器付き!一度削るとついついクセになってしまう、人気の一品だ。ヘーゼルナッツ・プラリネのみ(3150円)もアリ。

・ベルナール・ロワゾー「アソート バラードアンブルゴーニュ(4個入)」(2100円)
ロワゾー氏は、2006年、26歳で「ベルナール・ロワゾー」のシェフ・パティシエに就任した人物。2009年度から連続して「C.C.C.」(ショコラ愛好家の会「Club des Croqueurs de Chocolat)」の4タブレットを獲得した、ブルゴーニュの新鋭。黒トリュフ、黒ぶどう、ニワトコの花、モミの木など、ブルゴーニュの森をイメージしたBOXは、葉っぱの模様がかわいらしい。

・パリセヴェイユ「ソーシソン オ ショコラ (180g)」(1301円)
15歳から修業をはじめ、「ラデュレ」、「パトリック・ロジェ」などパリの名だたる名店を渡り歩いた金子氏の作品は、まるでソーセージのような形。イチジク入りと、オレンジ&生姜入りの2種類。

<“和モダン”テイスト>

・パティシエ エス コヤマ「C.C.C.デギュスタシオン No.5 2012」(1501円)
フランス人以外の外国人として初、初参加のショコラティエとしては史上初というC.C.C.5タブレットを昨年獲得した、まさに世界屈指のショコラティエの自信作。昨年のC.C.C品評会にエントリーした作品が詰まったBOXで、桜の樹をいぶした香りをまとった「忍者」や、摘みたての香りそのままの「ふきのとう」など、どれも斬新なものばかり。

・トーキョー チョコレート「プレミアムセレクションボックス(5個入)」(1575円)
2010年、パリのサロン・デュ・ショコラが評価する「世界の最も優れたチョコレート専門店20店」に選出された同店。福岡の八女茶を用いた抹茶のガナッシュ、気仙沼・男山酒造の日本酒と桜を合わせたガナッシュ、甘じょっぱい「みたらし」のガナッシュなど、古きよき日本の風景を思い出させる感性と、モダンな「今」を切り取る力量で、ひときわ東京らしい個性を放っている。

<日本初登場!>
・フレデリック・アヴェッカー「アソート・プロヴァンスの雪の結晶(4個入)」(1470円)
2011年にM.O.F.を取得したばかりという気鋭のショコラティエのチョコ。こちらは、通常はクリスマス限定の商品で、冬らしい雪模様がかわいらしい印象。スペキュロスクッキープラリネ&リンゴに、洋梨、イチジクを刻んで作った果実感のあるジュレの2層になっている。

・セバスチャン・ゴダール「ショコラ・アソート(14個入)」(4200円)
何よりシンプルであることを求めるゴダール氏の、“クラシカル”なベストセレクション。深みと懐かしさがしみわたる、心癒す味わいだ。

とにかくクオリティ、商品の豊富さでは日本一とも呼べるこの「サロン・デュ・ショコラ」。会場は行列ができるほどの賑わいだが、年に一度のビッグイベントなので、是非足を運んでみてほしい。伊勢丹新宿店の後は、京都、大阪、名古屋、仙台など地方都市でも開催される予定。詳細は、HP(http://www.salon-du-chocolat.jp/)で確認できる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP