体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperiaらしい質感の高さを手のひらに!注目の5インチフルHD液晶とクアッドコアCPUなどを搭載したドコモ一押しのXiスマホ「Xperia Z SO-02E」を写真でチェック【レポート】


フラットボディーが引き立つ薄さ7.9mmの新しい「Xperia」
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製のスマートフォン「Xperia Z SO-02E」(以下、SO-02E)を2013年2月9日(土)に発売予定であると発表した。

さっそく同発表会の展示会場においてSO-02Eの展示機を試すことができたので、じっくりと写真で紹介していく。

02

ディスプレイは約5.0インチのフルHD(1920×1080ドット)となり、高精細な動画コンテンツを手のひらの大画面楽しめる。横幅は大画面化に伴い71mmと大きくなった厚みが7.9mmしかないため持ちづらいと感じることはない。正面から見ると電源ボタンとボリュームボタンが右側面にあることがわかる。

03

ボディーカラーは、パープル、ホワイト、ブラックの3色。フラットなデザインとなっているが、程よく角が落とされており見た目の美しさと手にした時の持ちやすさが両立されている。

おサイフケータイ(FeliCa)やNFCに対応している。NFC機能を利用して同じ世界観で開発されたタブレットデバイス「Xperia Tablet Z SO-03E」(以下、SO-03E)との情報連携機能もウリとしていた。

SO-02Eで表示しているWebページやYouTubeを、SO-03Eにかざすことで大画面で楽しむことができる。

04

本体正面には防水キャップの中にイヤフォン端子(写真=上)、本体下面の角にはストラップホールがある(写真=下)。

05

右側面にはボリュームボタンと電源ボタン、電源ボタンの横の防水キャップの中にはSIMスロットがある(写真=上)、左側面にはUSB端子とmicroSDスロット、クレードルの接点がある。

各端子は防水キャップの中にあるためアクセスするのはちょっとした手間がいるが、一番よく使う充電に関してはクレードルに置くだけで充電できる。

10

SIMスロットの位置は電源ボタンのそばなので、挿す/抜く際の無駄がないデザインとなっている。

09

microSDはmicroSDXC 64GBまで対応する。外部ストレージが使えるのでWALKMANアプリで自在に活用できる。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会